「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルアニ国立公園

今日は日帰りでクルアニ国立公園方面にいってきました。

ホワイトホースから出発し、ヘインズジャンクションを過ぎたあたりで雲が消えて快晴に。

ドールシープも見え、クルアニに昇る月を見ながら帰ってきたところです。

kluane moon blog
<クルアニに昇る月。>

これで忙しかった11月のガイドもほぼ終わり。

早いもので、もう12月はすぐそこですね。

ユーコンへ戻りました。

7日の真夜中にユーコンに戻ってきました。

5週間も留守にしていましたが、久々に帰ってくると懐かしい気持ちになります。

そして外は案の定真っ白の世界。

バンクーバーの夜の便に乗ってホワイトホースに向かいましたが、ホワイトホースに近づいたころに外にオーロラが見えていました!

P1090894.jpg
<窓から撮ったブレブレのオーロラショット。窓に反射してこちらの姿が写ったオーロラ自撮りになってます!>

−5度前後と寒くはないですが、ついこないだまで日本でも半袖だったことを考えると、今はもう別世界に戻ってきたのだと感じます。。。

それでも一晩寝ると、またいつものユーコンでのゲル暮らしのリズムが出てくるから不思議なもの。

掃除(留守中に何者かが米を食いあさり、寝袋やカリブーの毛皮や服の中に貯蔵していました。。。)や薪割りや水汲み、冬タイヤの交換といった普段の生活を取り戻すのに忙しかった昨日でした。

11月は2組の方達がこちらを訪れてくれますので、その最終準備にかかっています。

これから4月後半までは長い長い冬の季節です。。。

道東へ 鶴居村と釧路

道東の鶴居村へ来てから、ほんと毎日忙しい日々が続いています。

ここにきてからは大家さんのHさんとの再会パーティー、そして次の日には以前ここでタミーと共に行っていた自然英語教室のお手伝いをしました。

P1090153.jpg
<川のそばでたき火をしているところ>

その時に生徒さんだったMさんが今では「もりのたね」として、同じフィールドで新たな子供の野外教育活動をしてくれています。

以前行っていた当時のタミーのブログはこちらtNt Adventure in English

4、5年前は本当に小さかった子たちが今では立派なお姉ちゃん、お兄ちゃんになっています。

子供の成長は本当に早いものですね。驚きです。

そして鶴居に残していった山小屋。

P1090518.jpg
<鶴居の手作り山小屋。2010年に完成しましたが、今でも立派に建っていますよ。>

まだ3泊ほどしかできていませんが、今年も少ない時間の中で良い時間を過ごせています。

標茶でのスライドショーはKちゃんのお陰で盛況となり、楽しい上映会&お話となりました。

IMG_2810.jpg
<60人ほど集まってくれました。会場は昔懐かしい雰囲気の旧木造の小学校>


また来年もこうしてお話していく機会がありそうです。

鶴居、釧路では残ること1日半。

最後にまた会う方にお会いして、楽しんで帰ります。

北海道

今年も北海道へ帰ってくることができました。

北海道にくると、なぜか帰ってきた!とう思いになります。

千歳に着陸する寸前に、タミーも同じ気持ちになっていたようでした。

札幌のスライドショーも無事終わりました。

イラストレーターのすずきももさんに手伝って頂いたり、冒険家の荻田泰永さん(10年以上前に冒険家の大場満郎さんのところで出会い、北海道鶴居時代以来の再会です。)、他の札幌の友人たちとも再会でき、とても楽しい時間となりました。手伝って頂いたモモさん、Kちゃんありがとう。


荻田さん 札幌
<極地冒険家の荻田さんと。最初に会ってから時間が経ちました!もうお互いよい年です。。。>

今は車で移動しながら道東を目指しています。

富良野、十勝で友人たちに会ったのち、釧路、そして鶴居の山小屋へと向かいます。

毎年帰ってくる為に作った山小屋ですが、今回も1週間ほど滞在の予定です。

日本再発見の旅

帰国してからしばらく経ちました。

その間に関西や関東にてお世話になった人たちや友人と再会したり。。。

毎日忙しくも楽しい日々が続いています。

おいしい日本料理もたらふく食べて、本来は健康食である日本食で少し太ってしまいました。
(また極寒のユーコンに帰るとまた痩せるとたかをくくっていますが。)

tami.jpg<京都の大原にて。写真からはわかりませんが、足湯に入ってコーヒーを飲んでいるところ。>

合間をぬって、タミーとともに僅かですが日本の良いところも見ようとしています。

三木で友人の御神輿祭りを見たり、京都の大原の日本の原風景的な里山に出かけたりしました。

北海道でも今回は意識的にもっとゆとりのある時間をとるように計画しています。

ここ10年ずっと移動続きの生活で忙しくしていた為、正直2人で落ち着いてゆっくりとする時間やお金がほとんど持てずにいました。いつも無理をきいてくれるタミーに対する、少しばかりの恩返しのつもりでもあります。

極北ユーコンをベースに暮らす今、日本は僕の故郷であり、タミーにとっては一番身近な異国かもしれません。

帰国に合わせて、普段は見ることのできないこの国のかたちや文化を理解しようとしているところです。

毎年続いていく日本帰国の旅だと思いますが、少しずつ新たな日本再発見があるといいな。。。そう思っているこの頃です。
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。