「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーコンリバークエスト 雑感

今晩は友人の家で夕食をごちそうになりにいきました。

クエストを一緒に漕いだこがいさんといきましたが、一番盛り上がったのが”幻覚”のお話。

普段では見ないものも、レースの最後の段階になると不思議と見えてくるのでおもしろいものです。

意識はしっかりとしているのですが、目に入るものが様々な形に見えてきます。

何でもない崖の横を走っているときに一番よくみました。

hallucination.jpg
<最終日の午前3時。崖が様々な形に見える>

ちなみに僕が見えたものといえば。。。

ー様々な人の顔
ークレオパトラ
ー先住民
ーギリシャ人
ー水を飲む馬
ー水を飲むイノシシ
ー人の顔の上に座るフクロウ。帽子まで被っていました。
ー白人の釣り人
ー岸にもたれかかるカウボーイ

などなど 

ゴッホなどの少し感覚のずれた芸術家を思い出したのですが、彼らが見ていたものはこれに近かったのかもしれません。

昔の修行僧やインディアンのビジョンクエストの話も思い出しましたが、

この状態をわざと誘発して意識を別の次元に持っていったのだと思います。

偶然レースで少しばかり誘発された今回でしたが、他の協議参加者の多くも似たような経験をしていました。

自分だけがおかしくなっていたのではなかったようです。。。


こうしてレースを終えてみると、夢のような出来事でした。

他のトレーニングをしっかり積んだ真剣なレーサーに比べると、さほど練習もせずに出た”なんちゃってチーム”感がありましたが、素人チームでも完走ぐらいはできるものですね。

雨が降らなかったとこともあり、運も見方についてくれました。

再び出場するかは疑問ですが、出るのであれば8人前後の集団で漕ぐ”ボイジャー”がカヤックで出てみたいものですね。ボートの機能や人の数が違うので、また全然違った経験になるはずです。

今回はカヌーのStern側(後ろ側で、一般的に主にボートコントロール、水や風の状況判断などを担当)で漕ぎましたが、役割や漕ぎ方の違うBow側(前側で、一般的に主に馬力、コース取り、前方危険回避などを担当)でもやってみてもおもしろいはずです。

ソロで出ると孤独との闘いかもしれませんが、すべて自分に意識を集中するため全く違った体験になるかもしれません。

リバークエストレースといえども、様々なスタイルと要素があるのだとわかりはじめたところです。

ボランティアでサポートにまわるのも、素晴らしい体験になるのだと思います。いつかはやってみたいですね。

もともと速さや耐久力を競うレースに出る性分や忍耐力がある訳ではありませんでしたが、
(今でもゆっくりとした原野の旅のほうがよっぽど楽しく好きです。)今回のレースは出場して本当に良かったです。

ボランティアやスタッフの方たち、他の参加者の情熱や協力、優しさが一番身に沁みました。

ユーコンの大自然ももちろん魅力ですが、つまるところは人間の魅力が一番です。

この大きな自然あってこその人たちがいて、人があってこそ輝く極北の自然です。

ユーコンに帰ってきてよかった。

レースを終えて、初めて心からそう思うことができました。

theme : カヌー、カヤック
genre : 写真

Comment

Secret

幻覚…

長期にわたるレース お疲れさまでした!
幻覚の話 とても興味深いです。

>この状態をわざと誘発して意識を別の次元に持っていったのだと思います。

「この状態」がどんな状態だったか 言語化できる範囲で(笑)教えてもらえますか?

おめでとう

リバークエストの完走おめでとうございます。

Re: おめでとう

Akemisan, どうもありがとうございます。これでようやくユーコンに帰ってきた気がします!
とも

> リバークエストの完走おめでとうございます。

Re: 幻覚…

お久しぶりです。お元気ですか?
この状態の説明ですが、なかなか言語では難しいですがやってみます。
幻覚を見ているときの意識ははっきりしていて、きちんとした話も思考もできて普段と変わりない状態です。
その一方で左脳の論理的な部分が睡眠不足と疲れである程度押さえられているような気がしました。
おそらく右脳のイメージの部分が強く働いていたのではないかと思います。
崖の横をカヌーでいったのですが、見る岩の多くに人の顔やものの形をみることができました。
彫刻品であったなら、今見ているものはどんなに傑作なんだろう。。。ある芸術家はきっと日常的にこの様子が見えていたに違いない。そう思ったのを覚えています。
釣り人も見えたのですが、ぱっと見た感じでは黒人の釣り人だったのですが、よく見ると白人だった。
そこまではっきりとした印象がありました。

昔の修行体系を見ていると、睡眠をとらず断食をして、意識の変容を促していたのだと思います。
今回はもちろん水を飲んで食べてもいましたが、レースの半分ぐらいからはずっと軽い吐き気がしていて
無理して口に食べ物を入れていた状態です。睡眠不足と運動量の多さで体力消耗していたため、このような状態が起きるのでしょう。たの選手たちに聞いても、多くの人が同じような場所で幻覚をみていました。一番レースの後半でつらい場所の付近です。

今回の件で、人間の意識にとても興味が湧いてきました。まだまだ人間の意識は奥深くてわからないことだらけかもしれませんね。

説明になっていたでしょうか??

> 長期にわたるレース お疲れさまでした!
> 幻覚の話 とても興味深いです。
>
> >この状態をわざと誘発して意識を別の次元に持っていったのだと思います。
>
> 「この状態」がどんな状態だったか 言語化できる範囲で(笑)教えてもらえますか?

ありがとう♪

ともさん。難しい要求に応えてくださり ありがとうございます。それが自分の内側のものか外側のものかは別にして まるで 通常とは違う周波数帯の情報にアクセスしたような感じですね(笑)。ほんとうに 人の意識・身体・精神というものは 興味が尽きません。^^

Re: ありがとう♪

fumiyo-san どういたしまして!本当に不思議な体験でした.すべての選手にどんなものを見たかをアンケートとりたいぐらいです。ホワイトホースの人たちは、このレースに出た話をすると、”幻覚みたか?”とよく聞かれます。有名なようですね。

> ともさん。難しい要求に応えてくださり ありがとうございます。それが自分の内側のものか外側のものかは別にして まるで 通常とは違う周波数帯の情報にアクセスしたような感じですね(笑)。ほんとうに 人の意識・身体・精神というものは 興味が尽きません。^^
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。