「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休日は原野にて

ホワイトホースの街に帰ってきました。

妻が久々に2日間の休みがとれたので、ユーコンに戻って以来初めて一緒に出かけました。

普段はレストランにこもっていますが、ここぞとばかりに原野を楽しんでいましたよ。

ユーコンは一歩街を出てしまえば、原野がどこまでも広がっています。

今回は主にクサワレイクに出かけてきました。

早速ハイキングをしながらシープを探しましたが、その姿は見つからず。

kusawa hike
<クサワレイクを背景に、山を登ってゆく。>

代わりといっては失礼ですが、たくさんの野の花が咲いていました。

一番のお気に入りは、ワスレナグサ。英語で Forget-me-notといいます。

小さく可憐な花ですが、あちらこちらに存在感示しながら咲いていました。

forget me not
<ワスレナグサ。極北の可憐な花>

頂上についてから辺りを見回しましたが、シープの気配はあらず。

そのまま山を下り、小川沿いの森を抜けて帰ってきました。

森の中にはたくさんのアカリスがいて、警戒音を鳴らしていました。

普段はトウヒの木にいることが多いのですが、このリスはポブラの木からこちらを威嚇。

red squirrel poplar
<小さいながら、あっぱれな警戒音。あたりに音が響き渡ります。>

ようやくエネルギーが戻ってきたわ。

そう言って仕事に帰っていったタミーですが、自然に出ると元気がもらえるようですね。

カヌーレースの練習もして充実した週末となりました。

theme : ある日の風景や景色
genre : 写真

Comment

Secret

よい所ですね

上村さんーーー良いところですね。雄大な自然です。私にとって鶴居村が故郷なのでどこに行っても鶴居村がいちばんなんですが。鶴居村と比べることができない自然です。上村山河これからどんな人生を作り上げるの楽しみです。FM釧路に福岡からも電話で出演しています。担当は蔵光です。

Re: よい所ですね

伊藤先生 コメントをありがとうございます。先生の育った時代の鶴居村。想像でしかいくことができませんが、平田さんからお話を聞く限り、今とは違った世界が広がっていたようです。今の鶴居村も大好きですが、その頃に生きた先生や先の方々の暮らしぶりには頭が下がります。
福岡からも出演されているのですね。HPをチェックしたいと思います。
鶴居村が懐かしく感じると共に、今度訪れるときを楽しみにしているところです。

> 上村さんーーー良いところですね。雄大な自然です。私にとって鶴居村が故郷なのでどこに行っても鶴居村がいちばんなんですが。鶴居村と比べることができない自然です。上村山河これからどんな人生を作り上げるの楽しみです。FM釧路に福岡からも電話で出演しています。担当は蔵光です。
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。