「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流氷

今年は流氷の当たり年らしく、知床から根室まで多くの氷が流れてきています。

大きなものだと上に乗って遊べるものもあります。

とはいっても、間違って沖に流れていっては危険なので、写真を撮影してすぐに降りました。

この光景を見ると、アラスカのグレーシャーベイを思い出します。

氷河が海に直接落ちてきていて、たくさんの氷河の塊が海に浮かんでいる場所です。

カヤックで漕いでいったのですが、ここでもこの光景を見ると、ドライスーツを着てカヤックを出したくなりますね。

一緒にいた香港人は、以前にいった南極を思い出していましたよ。

流氷と共に、たくさんのオオワシもシベリアより飛来しています。

drift ice
"Drift Ice from Siberia in Eastern Hokkaido, Japan"<シベリアのアムール川とオホーツク海から流れてくる氷の塊>

theme : 北海道
genre : 写真

Comment

Secret

No title

今年は冬将軍で寒いので釧路沖に流氷が来るかもしれません。
と言っても正午過ぎには溶けてしまいますし、相当沖なので、釧路崎灯台の方や、紫台墓地の方からなら写真が狙えるかも。

数年というか、10年とかに1回かな、流氷が来るのは。
今年で北海道を離れるということなので、冬将軍も流氷を運んできてくれて記念すべき一枚が撮影できるといいですね。

Re: No title

こんばんは!釧路沖にくると素敵ですよね。確か2008年だったと思いますが、釧路に流氷が久々に接岸しました。その当時は珍しさもよくわからず、氷に乗って遊んでいたぐらいです(笑)。今年も接岸するといいのですが、いかがでしょうか。

> 今年は冬将軍で寒いので釧路沖に流氷が来るかもしれません。
> と言っても正午過ぎには溶けてしまいますし、相当沖なので、釧路崎灯台の方や、紫台墓地の方からなら写真が狙えるかも。
>
> 数年というか、10年とかに1回かな、流氷が来るのは。
> 今年で北海道を離れるということなので、冬将軍も流氷を運んできてくれて記念すべき一枚が撮影できるといいですね。

No title

おお、接岸した話はしりませんw
何度か父から聞いて車で千代の浦海岸まで見に行ったことはありますが、遠くに見える程度でした。

是非今年も着岸するといいですね。そして記念すべき1枚を撮影して、カナダで自慢してくださいw

(誤)紫台墓地
(正)紫雲台墓地

Re: No title

今年はまだ接岸していませんが、どうでしょうか?週に1、2回は釧路の街まで出かけますので、海を除きにいってみます。もう少しで釧路とお別れと考えると、寂しい気持ちです。


> おお、接岸した話はしりませんw
> 何度か父から聞いて車で千代の浦海岸まで見に行ったことはありますが、遠くに見える程度でした。
>
> 是非今年も着岸するといいですね。そして記念すべき1枚を撮影して、カナダで自慢してくださいw
>
> (誤)紫台墓地
> (正)紫雲台墓地
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。