「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーコン キノの館

だんだんと北海道寒くなってきました。

朝は霜がおりています。

今日はFさん、Kちゃんに手伝ってもらいながら、山小屋の細かい作業をしました。

煙突をつけたり、薪を片付けたり、玄関のドア周りをいじったり。。。

明日は新しい薪ストーブで、火を焚いてみますよ。

小屋といえば、ユーコンで見つけたこの館。

keno house1

一体何の素材で出来ているか、わかりますか?

壁一面に使われていますが。。。

keno house2

keno house3

そう、瓶が壁一面に敷き詰められていて、コンクリートで固められています。

おそらくビール瓶が大半だと思いますが、一体どうやってこれを集めたのでしょうね。

いくらユーコンの冬が長いといっても、一冬ではこれだけ飲みきれません。

keno house4

ちなみにこの家があるのが、ユーコン準州でもマイナーな町、Keno(キノ)というところ。

昔は鉱山開発でにぎわったみたいですが、鉱山が閉まったあとでは人口はわずかになってしまいました。

2001年の統計によると、わずか人口20人。噂では、夏の間に30人に増えると聞いたことがあります。

ちなみにこのキノの町、我が家の世界地図に載っています。

人口20人程度の町が世界地図上に出るとは、ユーコンもなかなかやりますね。

さて、このぐらいの「ユニーク」な発想で家をつくったのは一体誰なのか。。。

次回キノに行った際には、20人の方々に聞いてまわりたいと思います。

Comment

Secret

プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。