「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
◎極北カナダユーコンのガイドビジネスtNt Nature ConnectionsのHPはこちら

tNt Nature Connections

◎ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
アマゾンでも販売されています。 ドールシープ写真集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道でオーロラ? 

「昔、稚内から赤いオーロラを見たよ。」

北海道に移ってすぐの頃、こちら在住の人からそう聞きました。

北海道でもオーロラが見えるとは知っていても、実際のチャンスがくるとは思っていませんでした。

バンクーバーのNさんと東京のEさん。ともにオーロラで知り合った方々ですが、

強烈な太陽嵐が吹いていること、北海道でもオーロラが見えるかもしれないという情報を送ってくれました。

晴れていれば一晩中起きて北の空を眺めよう。

そう決めていましたが、あいにく昨日は夜は曇り。。。

午前2時で諦めてしまいました。

一昨日麦っ子保育園でスライドショーをしましたが、面白かったのは子供達のオーロラ写真に対する反応です。

「この空の光、何かわかるかな?」

そう僕がきくと、皆考え込んでいました。

「空の光の馬!」

ある男の子がそう詩的に答えてくれましたが、子どもたちはオーロラよりも野生動物に興味があったようです。

もちろん大人の方はオーロラにとてもよく反応してくれました。

日本人は無類のオーロラ好きですが、一体何故なのでしょう?

その昔日本でも何度か見えていたはずで、日本書紀にも「赤気」として記録されているようです。

その頃の遠い記憶が「遺伝」しているのかもしれませんね。

dempster april aurora
"Wild Horse in the Sky" <空を駆け巡る光馬。子どもの想像力はすごいですね。>

theme : オーロラ
genre : 写真

Comment

Secret

No title

今回は、途中で収束してしまったようですね。
カナダのYahoo!でも太陽嵐のことは出ていたそうですが、見えたというニュースを見なかったので、不発だったみたいですね。
札幌のSさんも曇っていて見れなかったとのこと。
お騒がせしました。
極地で見るオーロラにはかなわないだろうと思うものの、
日本で見られるならば、低緯度オーロラを見てみたいものです。
いにしえの人々は、なにかとんでもない兆しと思ったでしょうねえ。

Re: No title

前年ながら見えなかったみたいですね。
でも可能性に遭遇できたことでも少しは満足です。
低緯度オーロラはなかなか見れるものではないですし、
ある意味極北でみるオーロラよりも貴重ですよね。
次回はいつになるのかわかりませんが、
また期待したいところです。

> 今回は、途中で収束してしまったようですね。
> カナダのYahoo!でも太陽嵐のことは出ていたそうですが、見えたというニュースを見なかったので、不発だったみたいですね。
> 札幌のSさんも曇っていて見れなかったとのこと。
> お騒がせしました。
> 極地で見るオーロラにはかなわないだろうと思うものの、
> 日本で見られるならば、低緯度オーロラを見てみたいものです。
> いにしえの人々は、なにかとんでもない兆しと思ったでしょうねえ。
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。