「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エデンの彼方

今日は久々の本の紹介です。

eden.jpg


エデンの彼方 狩猟採集民・農耕民・人類の歴史


狩猟採集民の自然の見方やものの考え方、社会のありかたを、農耕民が築き上げてきた文化や社会と比較しながら人類史を見ていこう。

そういうたいそうな試みの本です。

カナダユーコンには確か4分の1ほどが先住民ですが、かの地で先生になるためには先住民(もともと近代以前は狩猟採集民)理解のコースを取らなければいけないみたいです。

そのコースの一環として読む本がこの本。

英語版はこちら
The Other Side of Eden: Hunters, Farmers and the Shaping of the World

他の人々からは誤解されがちな狩猟採集民の姿やものの考え方、現代文明で生きるジレンマや衝突がよく描かれています。

極北ユーコンでのオールドクローの先住民、それ以前にはタイのビルマ国境近くの先住民を訪ねたことがありますが、自分とは全く違った彼らの社会や文化についてずっと興味がありました。アメリカ大学時代には、なぜか「アイヌ文化」についての論文を書き、今この鶴居村の家にそのコピーが残っています。その頃は北海道にいったこともありませんでしたし、将来住むことになるとは思っていませんでしたが。。。

少数民族や狩猟採集民。彼らのものの見方。政治的には強いものに力でねじ伏せられてきた歴史。言葉や世界観、文化の喪失。世界規模で見ても、地域こそ違ってはいても、共通な現象が見られます。

この本を読むことにより一番何を感じたか。それは先住民になることでもなく、農耕民を否定することでもなく、本の紹介文にあるとおり、「人間としてより良く生きる道が見出せることを示唆している。」ことだと思います。

少々硬い本ですが、なかなかおもしろいですよ。

Comment

Secret

プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。