「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古い建物

普通だったらすぐに壊していいような建物。

そんな古びた建物たちが、このユーコンの辺りでは、まだあちこちに見かけます。

昔、ワナ猟師が使っていた丸太キャビン。

100年ほど前のゴールドラッシュ時代からある、キャンバステントのレストラン。

技術、道具があまりない時代に建てられた、シンプルで、味のある建物を見るのが好きです。


昨日、一昨日と友人のもとへ、大工仕事の手伝いに行ってきました。

新しく手に入れた、昔鉱山であった土地に、3件の古い建物を移動して、修理をしている友人。彼は、ついこないだまで、州都ホワイトホースのど真ん中にあった建物を、一つ一つ修理して、将来貸し出しをする予定だと言っていました。

改装するために、壁や床なんかを剥いでいくのですが、一つの床を剥ぐと、またその次が出てきます。代々住んできた人たちによって、その度に改装されていった様子が手に取るように分かって、なんだか歴史を感じます。

おそらく100年ほど前に建てられたこのキャビン。そのキャビンに今また自分達が手を加えていることを思うと、何故か不思議な感じがします。

将来だれかが、また改装をする際に、同じことを思うのでしょうか。

来年には完成の予定です。一体どのように様変わりするのでしょうか。

今から楽しみです。


venuscabincrp.jpg


"Rustic Cabin" <世代を超えて再生するキャビン>

theme : 写真と言葉..日々の印象
genre : 写真

Comment

Secret

古い建築物をめぐるツアー

古くからあるものを修理して大切に使い続ける、ってステキだなぁ。私もいつか借り手になれるといいな。今度ユーコンを訪ねたときには「古い建築物をめぐるツアー」のコンダクターをしてね。お友達にもぜひお会いして、手がけてきた建物にまつわるお話を沢山伺いたいです。

西川さん

「古い建築物をめぐるツアー」のコンダクターですか?そんなツアーもいいですね。まわりましょー!
で、いつくるんですか??
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。