「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬は喜び庭駆け回り。。。

ようやくきました、本格的な雪の季節。

1ヶ月程前に、単発的に降った雪ですが、その後はしばらく降っていませんでした。

ところがこの3日間で周りの景色は一変し、辺り一面は雪で真っ白です。

人もやっぱり実質上の初雪がうれしいらしく、雪だるまを作ったり、スキーなどをして遊んでいます。

そしてうれしいのは人だけではありません。犬もまるでずっと待っていたかのように、雪の上を走り回っています。

気温はマイナス2,3度程でそれほど寒くありませんが、これからどんどん下がっていくと思います。

雪を見るとなぜか落ち着く人の心。今年もまたやってきました、極北の雪の季節。寒いとわかっていながらも、うれしくてたまらないのはなぜでしょう?

jake+snowcrp.jpg


"Jake On the Snow" <たっぷり雪の上で遊んだ後で、さすがに飽きてしまったのでしょうか。。。家に入れてくれとせがんでいます。>

theme : 動物の写真
genre : 写真

Comment

Secret

ぷぷっ、へんなかお~(^_^メ)

ぷぷぷ、人並みに豊かな表情だなあ。
すみません、たびたび出てきちゃって。あまりに愛嬌たっぷりなんで、つい。
心がなごみますね。もう雪か~。

はじめまして。

関係ないレスですいませんが・・

もりりんといいます。
早稲田のガクセイです。

僕は星野道夫の描くアラスカの人々にあこがれて
いつか極北で狩人??として暮らしたいと
想っています。

でも、移民が難しいとかの関係で、
もしかしたらユーコン準州でもいいかな・・・
なんて考えています。

できればいろいろお話し聞かせていただきたいです。(>_<)

いま、南西アラスカのYUPIKエスキモー語を
勉強していますが(独学)
なんの役にたつのやら。。。

という感じです。

(アメリカ縦断の旅をしたトモさんの
友達の友達(!!)です。)

エリカさん

こんにちわ。ついにJakeの顔を出してしまいました。。。こんな顔してまだ1歳そこそこです。体は立派に大きいのですが、行動はまだかわいい子供です。

そうです。もう雪の季節です!最近は雪で天候が荒れていてオーロラ見えなかったんですが、さっき久しぶりに見えましたよ。

もりりんさん

もりりんさん。はじめまして!
どのくらい役に立つかはわかりませんが簡単にお答えしたいと思います。

僕は星野道夫の描くアラスカの人々にあこがれて
いつか極北で狩人??として暮らしたいと
想っています。

私も極北の世界が好きでやってきた一人なので
気持ちはよくわかります。実際こちらに来てみると、星野さんの描いたような本当にすばらしい世界と、彼があえて書かなかったような現実(書いてもおもしろくないようなもの)も見えてきます。狩人と会うのも可能ですし、彼らもよくよそ者を連れていって猟に出たりします。私も運良くひとりの古老とあっていろいろ見せてもらいました。

でも、移民が難しいとかの関係で、
もしかしたらユーコン準州でもいいかな・・・
なんて考えています。

私も実は昔はアラスカや、グリーンランドに住もうなんて考えていましたが、結局このユーコンにはまってしまいました。アラスカにはない素朴さ、カナダの一部ということで、自分にとっては住みやすい場所です。カナダも他の国に比べれば移民は割合簡単ですが、それでもそれなりの準備をして、2-5年かけて移民権が取れる場合があるそうですよ。

いま、南西アラスカのYUPIKエスキモー語を
勉強していますが(独学)
なんの役にたつのやら。。。

私もグリーンランドエスキモーの言語を学ぼうとして、教科書を買ったのはいいですが、ほったらかしです。。。アラスカの先住民は基本的にほとんど英語化しているグループが多いのではないでしょうか。もちろんまだ彼らの言葉が生きている村もあるそうですが。どうでしょうか。やっぱり彼らの言語を使ったほうが喜ばれると思います。勉強して損はないと思いますよ!

(アメリカ縦断の旅をしたトモさんの
友達の友達(!!)です。)

彼のこと覚えています。ここユーコンで会いました。元気にしてますか?


もうひとつ最後に加えることがあるとすれば、
実際にこちらに来て興味ある場所に飛び込むことが一番てっとり早いとおもいます。日本での情報も大切ですが、やっぱり人と会って、じかにものをみるのが、なによりも大切だとおもいます。
実は私も日本にいる時は、同じようにいろいろ人に聞いたり、会って話を聞いたりしました。それはそれでよかったのですが、最終的にはやはりこちらに来てから、自分が会うべき人に、ちょうどいいタイミングで会いましたし、求めているものも、天から降ってきたように、次々と自分の前に現実として現れました。不安なこともいっぱいありましたが、思い切ってきて、行動してよかったと思っています。

って、気づいたらいっぱい書いてしまいました。
いかかでしょうか?もりりんさん。少しでも役に立てば幸いです。

またなにかありましたら、聞いてくださいね。
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。