「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カヤック

休みを利用して、一日中カヤックを漕ぎました。

kayak and water re

"Benearth the Water" <水中カメラでの、水中とカヤック>

水面すれすれに、音も立てずにすすんで行くカヤック。

もともとは先住民が狩猟用に作っていたものらしいですが、今ではアウトドア用として広く用いられいます。

この小さな長細い船で、川、海、湖と幅広く移動できるという優れた代物です。

reed reのコピー

"Marsh Reed" <葦の横を漕いでゆく>

カヤックによっても違いますが、荷物も意外に多く積むことができます。

最初にアラスカの海を漕いだときには、3週間分の食料とテント、シュラフ、料理器具、釣竿などのキャンプ道具一式とマリンラジオ、GPS、コンパス、地図、フレアー、パドルフロート、ファーストエイドなど緊急、救命道具など様々ものが一艇の小さな船にうまく収まりました。

今所有しているカヤックは、釧路で昔カヌーショップをやっていた方から格安で譲っていただいたものです。

2人乗りの折りたたみ式カヤックですので、バッグにいれてどこにでも移動することができます。

crane print copy

"Tancho Footprints"<一休みの為に上陸。そこには丹頂の来た跡が。。。>

カヤックの一番いいところ。それは自分だけの場所に到達することができること。

水の近くであれば、普段歩いてはいけないようなところにもアクセス可能です。

一度手に入れたら、なかなか手放せないカヤック。

楽しい乗り物ですよ。

theme : カヌー、カヤック
genre : 写真

Comment

Secret

カヤック

音もたてずに水面を進むカヤック いいですね。
自分だけの とっておきの場所に行けるというのは最高ですね。

No title

 山崎山林でお世話になった山中です。今回新しい組織「にタィ」を立ち上げまして、釧路湿原ウォーカーとしてブログをフィードさせていただきました。ますますのご活躍をお祈りします。
 私もフォールディングカヤックを探してました。格安とはうらやましい。今度乗せてもらえれば嬉しいです。

Re: カヤック

> 音もたてずに水面を進むカヤック いいですね。
> 自分だけの とっておきの場所に行けるというのは最高ですね。

こんばんは。カヤックを始めてしたのが、カナダですが、それ以来アラスカでその味を占めてしまいました。いつもは借りていたカヤックですが、こちらに来てようやく自分のものが手に入れることができました。ゆっくりと自分のペースでいけるのも最高です!

Re: No title

>  山崎山林でお世話になった山中です。今回新しい組織「にタィ」を立ち上げまして、釧路湿原ウォーカーとしてブログをフィードさせていただきました。ますますのご活躍をお祈りします。
>  私もフォールディングカヤックを探してました。格安とはうらやましい。今度乗せてもらえれば嬉しいです。

こんばんは。コメントありがとうございます。にティのお立ちあげ、おめでとうございます。おもしろそうなプログラム満載ですね。今後もよろしくお願いします!是非カヤック乗りにいきましょう。
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。