「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリアヨットマン夫婦のスライドショー

ヨットで世界一周中のオーストラリアから来た友人、マットとジル。

現在釧路で寄航している彼らのヨットは、釧路の有名な幣舞橋を通るといつも目に入ってきます。

まだまだ30代の若さですが、資金繰りに苦労しながらも、普通よりは小さくシンプルなヨットで大海原を越えていく彼らにとても惹かれました。

matt and woosheeのコピー

<釧路川河口のヨット前に立つマット。すぐそこはアラスカやオーストラリアへと繋がる太平洋です。>

お互いに自然が大好きで、鷲を見にいったり、カヤックを一緒にやったりとしましたが、もうすぐ(6月末)に釧路からアラスカへヨットで出航してしまいます。

その前に一度彼らのこれまでのヨットの旅を正式に聞いて見てみたい。そう思ってお願いしたのが、スライドショーです。

世界一周に出た動機、ヨットでしかアクセスしにくい自然の秘境。。。
写真と共に語ってもらえる場を作ってもらいました。

釧路近辺でお時間のある方、是非ご参加して頂ければと思います。

当日は僕が横で通訳を行います。

ヨットに限らず、自然、ライフスタイル、夢を追うこと。。。

何かのヒントが得られるスライドショーになれば。そう願っています。


詳細

イベント:世界ヨット旅 オーストラリア~釧路編 -オーストラリアから来たヨットマン夫婦の軌跡ー


場所:ヒッコリーウィンド 連絡先はこちら http://hickorywind.jp/blog/about-hickorywind/
               もしくは上村まで www.wild-world.com

日時:2009年5月2日 午後7:30会場 8:00スタート

料金:1000円

マット・ジルの詳細

マット・ウォーデルとリチャード・ジリアンは、世界の多様な文化や自然を探索するという夢を実現させる為に、2003年に31フィートのヨット”ウォーシー”を買いました。彼らの出身地であるオーストラリアを探索した後、インドネシア、パプアニューギニア、ミクロネシアを航海して、2008年に日本の南に到着しました。今回のスライドショーでは、オーストラリアの出身地フリーマントルから日本の釧路までの航海を辿ります。

マットの詳細プロフィール 36歳、イギリス生まれ。イギリスの北海で父親と共にヨットを学ぶ。
プライマウス大学で1993年に環境科学学位を所得した後、2年間海外を旅行する。
1994年にジリアンと知り合い、1996年に結婚してオーストラリアへ永住する。樹木医として4年間働いた後、マードック大学にてさらに勉強、後に勤務した。その後、地元機関で国立公園を管理する職に就く。

ジリアンの詳細プロフィール 34歳 ウェスターンオーストラリア生まれ。パースのカーテン大学にて2年間芸術の勉強をした後に、建築学に転向。1999年に学位を取得した後、一年間旅に出る。そこで将来の夫と航海の世界と出会う。建築士として6年働き、建築登録試験を2004年に取得。環境デザインやエネルギー効率に強い関心がある。

theme : ある日の風景や景色
genre : 写真

Comment

Secret

Re: マットさん

コメントありがとうございます。

マットの講演、今度は6月の初旬か中旬に行う予定ですが、可能性としては6月最初の週末で今調整中です。このブログでも発表しますので、是非チェックしていただければと思います。彼とジリアンのメッセージはその場に居た人に感銘を与えることができたみたいで良かったです。なるべく自己完結的に、自給自足的に、自然の力を使って、自然の奥に入ってゆく。夢をかなえるためには、絶え間ない準備と改善、そして大きな一歩を踏み出す。。。どれもいいお話でしたよね。1ヶ月後に出発する彼ら。是非お見送りにもいきましょう!
それと、写真を気に入っていただいてありがとうございました。僕もここのことを日々学んでいる最中ですが、ここの魅力を発見しながらブログをアップしていきます。地元の人にも楽しんでもらえるような、ここの美しさを再発見できるように頑張っていきます!これからも宜しくお願いします。


> 今日は!オーストラリアからのお客様、マットさんの講演
> また聞きたいと思っております。今度いつ頃開かれるんでしょう。あとわずかな期間ですが釧路の思い出を沢山
> 作ってほしいものです。釧路を離れる際は、見送りに行き
> たいと思っております。
> 遅くなりましたが、村上様のHP拝見させていただきました。あまりのきれいな画像にただ酔いしれておりました。
> 私は、釧路在住で、以外にも釧路管内の事が分からないのです。これからも時々訪問させていただきますので
> 宜しくお願いします。
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。