「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極北のインディアン -思い出の写真-

今日、講演の準備で昔の写真をあさっていました。

まだユーコンに来て最初の頃に撮った、白黒写真を見つけました。

極北の人の暮らしにあこがれて、オールドクローという遠いインディアンの村を訪ねていったときの写真です。

その頃は、古いマニュアル式の一眼レンズに、たった一本の90mmレンズを付けていました。


ちょうど秋のカリブーの季節移動の時期にあたり、3週間目に村にカリブーの群れがやってきました。

オールドクローに住む人にとって、カリブーは食料としても、精神的、文化的なつながりの象徴としても、切っても切れはなすことができない動物です。

村のおじいちゃんのカリブーハンティングに動向もさせてもらいました。

peter hunting 1 resize


"Facing the Caribou Stream" <カリブーの群れを前に、ライフル片手に近づくインディアンおじいちゃん>

ツンドラのむこうからどんどんやってくるカリブーに圧倒されながら、それを倒してゆくインディアンのハンター。

なにもかもが新鮮で、消化しきれないほどの刺激がありました。

そして、たまたま撮れた一枚の写真。

村のおばあちゃんが、男衆が獲ってきたカリブーを嬉しそうに刻んでいる写真です。

この写真が、後に写真にのめりこみ、続けてゆくきっかけとなってくれました。

edith josie re

"Elder Cutting Caribou Meat"<秋の収穫。カリブーを細かく切る古インディアンおばあちゃん>


時間を経って写真をみると、その時の記憶が新鮮に蘇ってきます。

時を止めることのできる写真。 改めて、いいものですね。

theme : 写真と想い
genre : 写真

Comment

Secret

Congratulations

Tomoさん
お久しぶりです。空港でメッセージを受け取りました。午後からだったので合えなくて残念でした。Donaから聞いたのですがご結婚おめでとうございます。Tammyにもおめでとうを伝えてください。昨晩、オールドクローで今年の冬を過ごしたというフランス人の男性が家で食事をしていったところです。白人社会の影響を最小限に保つため道路を造らないオールドクローの村。しかし、人々の生活は白人社会に大きく左右されているようです。政治的な事になりますが、もしマッケーン氏が大統領になると、サラ ペーリンは開発に積極的なので、アラスカパイプラインの話が進んでいくと思います。現在でも既に変わってしまったオールドクローの生活形態は更に変わっていく事になるでしょう。それが良い事か悪い事かはそのときになってみないと分からないですね。

昨夜はありがとうございました

昨夜は美しい写真と、感動的なお話をありがとうございました。
お勧めのAurora pointのYellowknifeかFairbanksに数年のうちに行きたいと思っています。
また、美しい写真を拝見させていただきたいと思います。
ますますのご活躍と極寒の地でのご健康をお祈りいたします。
(禁止ワードに苦労しました。 英語化してやっとクリアー)

Akemiさん

お久しぶりです。こちらこそ、会えなくて残念でした。お元気ですか??次回は是非お会いしたいです。

ありがとうございます。TAMMYもこちらの生活を楽しんでいます。時折ユーコンが懐かしくなりますが、ここでしかできないことをやっていくつもりです。

アラスカのサラ・ぺーリン氏のこと、びっくりしました。ちょうどアラスカにいる時に、副大統領候補に挙がったのですが、アラスカ以外の場所ではほとんど無名でしたので。彼女はなかなかの開発派ですが、もちろん影響をもろにうけるのも、極北の先住民ですよね。どうなるんでしょう?どこまでの便利を受け入れて、どこまで伝統を保ってゆくのか。難しい問題です。

私のような部外者が伝統を保ってほしいと思うのは簡単ですが、当の先住民本人たちはどう思っているのか。また行って、話しを聞いてみたいです。

Yoshiさん

こちらこそありがとうございました。お会いできてよかったです!
どこまで、うまく話すことができるかが不安でしたが、様々なバックグラウンドを持つ皆さんの前で、お話を聞いていただいたことを本当にうれしく思います。

オーロラは天気やオーロラの活動に影響されるので、確実に見ることのできる場所は当然なく、今日も先ほど最終的には運にかかっているというお話をきいてきました。FairbanksやYellownifeも見える確立としては高いですが、スカンジナビアもよさそうですし、カナダのホワイトホースも天候が晴れて、すごいオーロラが見えることもあります。本当にいろんなツアーの選択がありますので、いろいろ調べてみてください。すばらしいオーロラとの出会いを祈っています!

(なぜか禁止ワードが入ってますね!?調べて解除してみます。)
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。