「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふくろうかあさん

ばたばたとしているうちに、もう出発の朝!

ちょっと仮眠してから、用意をしようと思って寝たのですが、起きたら午前1時。

眠たい目をこすりながら、機材やキャンプ用品、写真関係の書類を用意してました。

これから2ヶ月の間、カナダとアラスカです。


昨日、釧路のケーブルテレビの方に連れられて喫茶店にいき、そこで素敵な方に会いました。

喫茶ローゼのオーナで、自称アマチュアカメラマンである、バイタリティーのあふれた女性。

ふくろうを追いかけていて、店内はほとんどお客さんからもらったという、ふくろうグッズでいっぱいです。

自分の母親ぐらいの年齢ですが、10年ほど前から写真をはじめたらしいのです。

アマチュアカメラマンと名乗っていますが、山と渓谷社からカレンダー販売もしていますし、他にも写真を発表しています。それよりもなによりも、撮影にいかれる時の話や撮影者としてのお話がすばらしかったです。

「(重たい機材を持って)体力的にはきついですが、冬はスノーシューをはいて、夏は歩いて山のなかに入ります。しんどいからこそ、出会えたときはうれしいですもんね。」

「ぜんぜんフクロウがみつからなくて、帰ろうと思ったときに上にいました。。。」

「必要以上は近づきません。彼らも生活があって、その中に進入しているんですもんね。自分でルールを決めています」

「この喫茶店を本業として、感謝をしながら撮っています。」

「ふくろうは、人間よりもはやく携帯電話の着信電波に反応しているように、いつも見ていて思いますよ。まだまだ研究者もしらない、不思議な行動をたくさん見ます。親をまねするときの、子供のふくろうはこうするんですよ。。。」

「だれも見ていないときに、がんばって、こつこつと撮りためていくんです。」

などなど、フクロウの話や、写真家についての考えなどいろいろお話を聞かせてくれました。

頂いたカレンダーや、写真には、桜の木にとまっているフクロウの子供や、5羽のひながひとつの木にとまっていたりと、この作品を作るためにいかに時間と労力がかかっているかがわかります。

一番すばらしいのは、ふくろうに出会ったときの感動が写真からはっきりと伝わってきました。

そして、その感動や命の営みを子供たちに伝えようと、国が学習材料としてつくったいのちという本に、ふくろうの子育ての様子が描かれています。


北海道に来てからというもの、なかなかこの土地のイメージがつかめず、シャッターを切りたいと思う状況や方法があまりはっきりしなかったのですが、彼女の話を聞いているうちに、霧が晴れてゆく感じがしました。なにかが動いていきそうです。

場所がどこであれ、被写体がなにであれ、最初写真をやりはじめるきっかけをくれた、様々感動や動物との出会いを思い出させてくれました。

撮影の旅の一日前に会えたのも偶然でないかもしれません。

最近様々な人と出会うようになりました。いろんな人が助けてくださり、力になってくれています。

今回も写真を楽しみながら、でも頑張って撮ってきます。

では、いってきます!

ふくろうかあさんのカレンダー


Comment

Secret

プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。