「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湿原の光

夜の釧路湿原に出かけてきました。

目的は、湿原の蛍です。

夏の湿原の夜に舞う蛍。。。きっと幻想的な光景に違いないと思い、蛍観察にはピークの今に出かけました。

あいにく今日は気温が低く、蛍の動きは活発ではありませんでしたが、その姿をみることはできました。

firefly re

"Marsh Firefly" <ヘイケボタル。短い命>

このヘイケボタル、一週間ほどしか生きないようです。

木道を歩き続けると、ハンノキの向こうにオレンジ色の光が見え、だんだんと大きくなってきます。

半月が昇り始めると、湿原はだんだんと霧につつまれていきました。

カナダ出発前に、一度飛び交っている蛍を是非見に行きたいと思います。

marsh night2 re2

"Moonrise at Misty Kushiro Marsh"<湿原の夜。月と共に、霧が濃くなってきた>

theme : 四季 ー夏ー
genre : 写真

Comment

Secret

お久しぶりです

遅くなりましたが、写真展開催おめでとうございます。休みが合わなく今回は行けませんでしたが、是非札幌でありましたら知らせて下さい。

湿原のこの写真もの凄く幻想的で惹かれます。
こんな光景が観れたら幸せな気持ちになるでしょうね~

なんとなく星野道夫さんの一文脳裏に過りました。

蛍は、まだ観た事がありません。
なんか北海道生まれの育ち何十年の私より
道産子な感じがします。(笑)

行動というのは、沢山の出逢いと沢山の宝物を得られるのですね~

何だかふと自分も頑張ろうと思っちゃいました。

Akubiさん

ありがとうございます!湿原の夜はきれいでしたよー。

私ももっと回りたいところはいろいろあるんですが、とりあえず今年は鶴居の近郊から楽しんでます!

行動すると、たしかにいろんな人に出会えて、また出会いたい人と不思議と会っていきます。

ほんと、感謝感謝です。
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。