「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスト トラッパー

日本で公開されています、ラスト トラッパー。

http://www.kariudo.jp/


ユーコンの大自然の中で、昔の伝統を引き継ぎながら、狩、ワナ猟をおこなう一人の男、ノーマン ウィンター。

凍りつく大地の上を、犬ぞりを使って走り、生活の為に動物を獲ってゆく。

曲がりなりにも、ワナ猟、犬ぞりを体験した身、聞いただけで大興奮です!

でも実はまだこの映画みたことありません。

地元のユーコンの映画なのに、こちらでは貸し出しもなし。一度一日限りの上映があったのだけど、都合でいけず。

どうですが、この映画?

見られた方、感想をお願いします!

写真は自分にとってのラストトラッパー、スティーブフロスト、76歳。

僻地のユーコンの中のさらに僻地の村、オールドクローに住む
インディアンです。2年前に会ったとき、カリブー猟、ワナ猟に連れて行ってくれたスティーブ。原野での豊富な経験、知識、そして賢明さを備えた彼は、一度会ったら忘れられない人です。

ここでは一緒に獲ったポーキュパイン(ハリネズミ)を雪の上で燃やしています。15分ほど雪の上に残った足跡を追っていったら、木の上を登っていました。斧で木ごと倒した後、殺し、火の上でハリを焼くために燃やしています。

おいしかったですよ。ポーキュパイン。

燻製みたいな味がして。

スティーブも最近体の調子がおかしいみたいです。もう一度はやく彼に会いに行かなければ。彼が生きている間にいろんなことを聞いておきたいから。



20060831042107.jpg


"Yukon Trapper"

Comment

Secret

ともさん、ブログ作ったりしてるって事はちゃんともどれてんなー仕事はどう?そっちはもうオーロラの季節かーうらやましいわ。あの静寂の中に戻りたい。そう、映画見たいねんけど、休みがなくてなかなか・・・今はがんばって放浪資金稼いでます!!

見たい!!!

まいど!! ラスト・トラッパー、日本では”狩人と犬・最後の旅”っていう題名で、ただいまロードショー中で、私も目をつけてたさぁ。 この前、梅田のモンベル買い物に行った時に、ちらしを見つけて、私も大興奮よ。
ロッキー山脈で犬ぞり・・・ときたら、見逃すわけにはいかないわ。 犬ぞりしたいなー・・・。
おっさん、スティーブ早く会えたらいいのにね。いや、早く会ったほうがいいよ。 ポーキュパインどんな味だろう・・・。 自分で獲って食べるからおいしいんだろうね。 
わたしもホワイト・ホースのDog Sled InnっていうB&Bに泊まったときに、ムースをごちそうになったけど、おいしかったよ。  あの時犬ぞりの仕事を探してて、そこで雇ってもらえないか頼んだら、後日連絡をするって言ったきり、連絡なかったなぁ・・・。今思えばあれは社交辞令だったんだなぁ。とほほ。
おっさん、そのうち犬ぞりの写真もアップしてなぁ。
ワン子の息使いが聞こえてきそうなのを・・・。

さっちん

さっちん、おかげさんで無事にもどってきましたよ。
オーロラ見え始めてます。今年の冬や去年よりもっととるつもりやけど。いつか帰ってくる予定あるん?

マッシャー

さすが犬好きのめらめらーさん。やっぱ反応してましたか。ユーコンのドッグスレッドB&Bいってたなんて。場所だけはしってます。スティーブ、ほんまはよあいにいかな。。。彼の原野のキャビンでもう一度いい時間を過ごしたい。

久しぶり!

久しぶり!まだホワイトホースにいるんだね~。
結婚した?
こちらは、イスタンブール。最後の大陸、アジア横断。
やっと終わりが見えてきたよ。
では。

ただしさん。

まだホワイトホースにいますよー。住み着く予定です。
結婚はしてないですよ!

いやー、ほんとに長いですね。
いつごろ日本に帰りそうですか?

たまった写真とかもみたいなあー。

ではまた

The Last Trapper のこと。

“The Last Trapper”見たのですが、「何処かで見たような風景だなぁ…」と思っていたら、エンドロールにSelkirk First Nationの名前が出ていました。もしかしたらPelly Crossing とか、Fort Selkirk あたりで主に撮影されたのかもしれませんね。

Pelly CrossingはWhitehorseから車で行くとDawsonCityより少し手前の町だったと思います。
Yukon Community Profiles
http://www.yukoncommunities.yk.ca/communities/pelly/

たしかあのあたりにSelkirk First Nationの昔の衣類や狩猟道具を集めた資料館があったはずなんだけど、ウエムラさん覚えてる?

実際にThe Last Trapperの世界を見てみたい方は是非♪

ただいま

今日ドーソンから帰ってきました。Pelly Crossingももちろん通ってきましたが、街から離れてないのでみてもわかるかどうか。。。すこし街から離れてあがった高台からの眺め、最高ですね。今は黄葉の真っ盛りです。

ユーコンひろし。そのどこかをわかった西川さん。あっぱれです!
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。