「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一本の花

ついこないだのことです。

ダウンタウンを歩いていると、ふと目の前に歩いていた女性が立ち止まりました。

こちらを見て、にこっとするとまた歩き出していきました。

彼女が立ち止まったところを見てみると、そこには一本の花があります。

雪の中に生える一本のキキョウのような花。

一目ですぐにプラスチック製の花だとわかりました。

いったい誰が、どのような意図で、歩道の横に人工の花を置いていったのか。

誰も知る由はありませんが、わざと置いていったのであれば粋な計らいですね。

長い冬の後、春を待ちわびる極北の人たち。そんな極北に住む者の心を温かくしてくれたのは確実です。

雪が解け始めた、ここ2、3日。

ユーコン川はまだしばらく凍っていますが、春はもうすぐそこです。

fireweed.jpg


"fireweed”<ヤナギラン。ユーコン準州の州花>

theme : 花の写真
genre : 写真

Comment

Secret

外国の方ってそういうセンスがありますよね。
そんなふうに人の心を温かくできるセンスが。

今日、友達と春の恒例行事
イチゴ狩り知多半島ドライブツアーに
出かけたのですが、菜の花が咲き乱れていました。
日本はもう春がきたぁ~ッて感じですよ。

そして!!
私にも新しい扉が開けることになりました。
なんと!ワーホリでカナダに行けることに
なりました。やったぁ~!!
昨年末、ホワイトホースから帰国して
大慌てで書類を書いて申請して
〆切ギリギリで提出しましたが
受理された!!嬉しいなぁ~☆

オーロラガイド、お疲れ様でした!一言で言うなら「美しい」ですが、その言葉だけでは簡単に表現できない魅力を持つもの=オーロラ をたくさん見させていただいてありがとうございました。
「夢に出て来い!!」という密かな願いは、結局叶わず今日にいたります・・・。シーズン外でも諦めなければ見れるかもしれませんよね! 頑張ってみます♪

ヤナギラン 綺麗ですね!
春、冬のオーロラとは違い真近で見ることのできるものが増えていきますね。オーロラにないもの、
手から伝わる感触や鼻から伝わる香り。春の良さがいっはいですね。
日本も負けていません! もうすぐ満開の花をつける桜、白さが眩しい雪柳、トルコブルーに負けないオオイヌノフグリ、鶯の美声さえずり・・・。目を凝らせばそこにも、あ!そこにもと春の訪れを知らせてくれて心弾み、春早々忙しくなりそうです。
そちらもまた魅力的な春なんでしょうね!沢山の春をまた見せて下さいね。 
オーロラを沢山見て、首が疲れた事でしょう!!
野花咲き乱れる大地に寝そべり、目を閉じてください。体から、鼻から、春を感じたりするのもいいのでないでしょうか! 
そういえば、花粉症では・・・(焦)
それではまた、良い春を!!

PS あのコート、少しでのユーコンの冬に役立ちましたか?

びっくりした!

写真見てから文章を読み始めたので、ファイアーウィードが狂い咲きしたのかと思いました。
まぁ、冷静になればありえませんが。
この花は北海道にもありますが、なぜかユーコンやアラスカで見るよりも色が薄く、群生の規模も小さいですね。
そちらで見るファイアーウィードは私の一番好きな花の一つで、取り上げてもらうと何だか嬉しくなってしまいます。
昭和天皇がヨーロッパから帰るときの中継でアンカレッジに寄り、窓から見えたファイアーウィードに感動して種をしこたま買い込んだそうです。
皇居のどこかにまだ生えているかもしれません。

ACOさん

おめでとうございます!

ワーホリ受理されたんですね。

どこでも働けて、旅行できるこの制度はほんとにいいものだと思いますよ。

日本の春もいいですが、カナダの春も悪くはありませんよ。満喫してくださいね!

ローレライさん

日本も春真っ盛り?という感じでしょうか?
桜が咲いた映像なんかを見ると、やっぱり日本が恋しくなりますね。(花粉症は別ですけど!)

オーロラもいいですが、また夏にみれないのもいいと思います。なんでも休みがあるからいいんでしょうか?

ちなみに、冬の間は、本当に分厚いダウンジャケットを着ていました。北極遠征にいくのかとおもわれたぐらいのふわふわのやつです!

トノさん

お久しぶりです!

北海道でもあるんですね。どこかで聞いてはいましたが、やっぱりここユーコンと北海道と似たところは多少あるんですね。そうかんがえるとなぜかうれしくなってしまいます。どこかここと日本がつながっているような気がします。

昭和天皇の逸話、初めて聞きました。飛行機から見えるぐらい大量に生えていたのですね。こちらでも、山火事あとによく生えています。7月の盛りごろには、写真も撮りに行く予定です。

いいのが撮れましたらまたアップします!
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。