「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の北極圏 ユーコン・デンプスターハイウェイ

明日からいよいよ春のガイドの始まり!ずっとこの為に準備をしてきました。

デンプスターハイウェイーという北極圏へ抜ける道を通って、写真家の方と共にオーロラとカリブーを1週間ほど追ってきます。

ツンドラと山岳地帯の原野を抜ける続く道デンプスターハイウェイ。

今までいろんな季節に行っていますが、春のこの時期にいくのは去年以来。

去年と比べて少し時期が遅いため、−10度から5度と北極圏の春らしくなっています。

テュームストーン州立公園 春
<テュームストーン州立公園の春>

デンプスターハイウェイ_1
<どこまでも続くデンプスターハイウェイ>

ガソリンスタンドも360キロほどの区間に1つしかないため、予備タイヤ2個、ガソリン予備タンク、水、食料、キャンプ道具、衛星携帯電話、工具類など、全ての状況に対応できるような道具をトラックに積んでいってきます。

P4180001_1.jpg
<愛車のYukon XL>

P4180005_1.jpg
<荷物屋根の上にも中にもたくさん積んでいます。>

写真家の一番撮りたいという希望はオーロラが出ている時のカリブー。

広大な土地を季節移動するカリブーに出会えるだけでも困難ですが、その上オーロラが出ていなければいけません。。。

しかもオーロラ撮影の長時間露出中にカリブーが動いてはいけないですし、ある程度の光(月明かり、夜中近くの時間に残る太陽の残照や強烈なオーロラなど)がないとカリブーも写りませんので、さらに難易度があがります。

難しい依頼ですが、祈りながら挑戦してきます。

それでは1週間ほど行ってきます!

テュームストーンのオーロラ_1
<春のオーロラ。まだ太陽の光が少し残る時間から現れ始めることの多い季節。>

デンプスターのカリブー_1
<カリブーの群れがうまく現れてくれるでしょうか。>

Comment

Secret

fight ! 上村さん

上村さん

カリブーとオーロラのsetですか。
なかなか難易度が高そうですね。
でも必ず出てくれると思います!
出会えるまではイメージトレーニング
で何度も撮ってください!
きっといい写真が撮れます。
日本で楽しみに待っています。

Re: fight ! 上村さん

ありがとうございます!
残念ながらカリブーはみれませんでしたが、素晴らしいオーロラは見れました!
グリズリーも冬眠からさめて、春を感じた旅でした!
またいつかカリブーとオーロラ挑戦します!

> 上村さん
>
> カリブーとオーロラのsetですか。
> なかなか難易度が高そうですね。
> でも必ず出てくれると思います!
> 出会えるまではイメージトレーニング
> で何度も撮ってください!
> きっといい写真が撮れます。
> 日本で楽しみに待っています。
>
> 林
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。