「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜のアイスフィッシング 淡水のタラ・バーボット

早いものでもう3月も終わり。

今年は雪解けが早く、春のような日和が続いています。

忙しかった冬のガイドシーズンも今日残すところあと1日。

ようやくブログを書く余裕ができました。

さて、昨日の夜はユーコン川にてアイスフィッシングに行ってきました。

_DSC4280.jpg

お目当ては淡水のタラ、バーボット。

見た目は悪い魚ですが、通称「貧乏人のロブスター」と呼ばれているおいしそうな響きの魚です。

早速Kと共にユーコン川に向かって森を歩いていきました。

P3300014.jpg

今は白夜に向かう季節で、夜の10時頃にようやく暗くなります。

夜行性であるバーボット。

夜に狙うと良いらしく、明るいうちに穴をあけて夜にまた同じ場所に戻ってきました。

P3300002.jpg

氷の上に火をたき、Kが持ってきた鍋と油で揚げ物の準備。

たとえ魚がつれなくとも、餌のわかさぎをフライにすればいいではないか。。。ということで持っていきました。

_DSC4317.jpg

待つ事1時間ほどでしょうか。

夜中の12時に竿が引きずられる音がしました。

P3310082.jpg

急いでリールを巻いてみると。。。そこには立派なバーボット!

ずっと食べたいと思っていましたが、釣るのは初めてです。

P3310017.jpg

早速皮をペンチでむき(カワハギのようにきれいにとれます。)、解体をして、パン粉をつけて油の中へ。

新鮮なタラを夜中の凍ったユーコン川の上で食べました。

P3310072.jpg

P3310058.jpg

環境といい、釣り立ての新鮮なタラといい、おいしくないはずはないですよね。

結局当たりは1回のみ。

期待していたオーロラは最後に少しでたのみでしたが、初バーボットには大満足。

また今度時間があれば釣りに行ってきます。

Comment

Secret

No title

都会(?!)に住んでいては経験し得ないことが
ともさんの日々日常なのですね。
あらためて自然の中で生きることの大変さ、同時に醍醐味を感じます。
先日、日本のBSでユーコン・クエストのレースに日本人が参加したドキュメントをやっていました。
こちらのテレビジャパンでも4月に放送される予定ですが、この番組撮影班にともさんは関わっていらしたのですか?

Re: No title

こんにちは、コメントありがとうございます。
こちらは街が小さいので、遊ぶとなるとアウトドアになります!
ウルトラマラソンのレースの番組ですが、今回は関わってはいませんが、知り合いを通していろいろお話は聞いていました。また見てみます!

> 都会(?!)に住んでいては経験し得ないことが
> ともさんの日々日常なのですね。
> あらためて自然の中で生きることの大変さ、同時に醍醐味を感じます。
> 先日、日本のBSでユーコン・クエストのレースに日本人が参加したドキュメントをやっていました。
> こちらのテレビジャパンでも4月に放送される予定ですが、この番組撮影班にともさんは関わっていらしたのですか?

No title

バーボットの皮がそんなに簡単に剥けるのは知りませんでした。ユーコン川で釣ったことがありますが、釣りのライセンス買ったときにもらった冊子か何かに「見た目は悪いが、フィッシュアンドチップスには最高」みたいな記述があったので、揚げて食べたらとてもおいしかったです。イメージ的にはタラよりもナマズのように思ってました。

Re: No title

バーボット釣ったことがあるのですね!皮はペンチできれいに剥けて、食べやすい魚です。味は最高でしたよ!


> バーボットの皮がそんなに簡単に剥けるのは知りませんでした。ユーコン川で釣ったことがありますが、釣りのライセンス買ったときにもらった冊子か何かに「見た目は悪いが、フィッシュアンドチップスには最高」みたいな記述があったので、揚げて食べたらとてもおいしかったです。イメージ的にはタラよりもナマズのように思ってました。
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。