「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カヌー準備 カメラについて

今日もまた暑い日になっています。

fireweed blog
<まだ咲いているユーコン夏の風物詩ヤナギラン。>

明日の午後からカヌー旅にいきますが、今日はその最終仕上げ。

写真機材を防水ケースに入れていきますが、今回の川旅はユーコンの原野の奥深くまでセスナを使って出発地まで飛んでいくので、どの機材を持っていくかで頭を悩ませました。

僕のシステムはデジタルではオリンパス(フォーサーズとマイクロフォーサーズ)で、時折フィルムのパノラマカメラを使っています。

今回はそのフィルムパノラマカメラ(Fujifilm TX-1と二つのレンズ2本。カラーとモノクロフィルム)も持っていく予定で、デジタルを含めるとかさ張ってしまうのが痛いところ。

それでもオリンパスのシステムですと、35ミリ換算で18ミリから1200ミリまでを4本のレンズとテレコン2つでカバーできるので、軽量化が重要な人やアウトドアでラフに使いたいユーザーには便利なシステムです。

一晩かけて機材の選択がまとまったと思いきや、やっぱり最後持っていくことにしたのが昔のマニュアルレンズ。

一番最初の頃に買った オリンパス OM 90mm f2.0 Macro のマクロレンズです。

重くてマニュアルフォーカスですが、とろりとした描写をしてくれるのがいいところ。

いくらデジタルが便利とはいえ、がっしりと作られた昔の製品には魂が込められているような気がします。

あまり細かいことにこだわって写真を撮るタイプではないですが、このレンズだけは思い入れがあって売ることができません。

ソリ犬のローガン君もとって見ましたが、やっぱりいい写りしますね。

昨晩は久々に星が見えたので,川旅でもオーロラも積極的に狙っていこうと思っています。

結局いろいろ持っていくはめになりそうですが、2つの防水ケースにうまくまとまりそうです。

ローガン
<13歳のソリ犬ローガン。ひなたぼっこ中です。>

Comment

Secret

No title

御無沙汰致しております。
ブログを拝見していると、涼しそうで羨ましいです。
このレンズ、ソフトな色合いですね。
最近のデジタルばかりの写真を見ていると、目に強過ぎる気がします。フジのTX1は、ポジのフィルム(アスティア、ベルビア、プロビア)を再現出来るカメラでしたか?
Sonyのα6000、若しくは、フジのTX1悩みどころです。

Re: No title

ご無沙汰しています。
確かに最近のレンズはかなり緻密な描写ですが、強すぎるものもありますね。
僕の持っているフジのTX1はパノラマフィルムカメラですが、デジタルのフジは使用したことがありません。確かフィルム設定できたと思います。
デジタル時代にも,人間の直感を働かせてくれるような仕掛けの機械が求められているのかもしれませんね。一部機械式であったり、いらないものは省いたようなカメラでないでしょうか?

> 御無沙汰致しております。
> ブログを拝見していると、涼しそうで羨ましいです。
> このレンズ、ソフトな色合いですね。
> 最近のデジタルばかりの写真を見ていると、目に強過ぎる気がします。フジのTX1は、ポジのフィルム(アスティア、ベルビア、プロビア)を再現出来るカメラでしたか?
> Sonyのα6000、若しくは、フジのTX1悩みどころです。
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。