「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本とユーコン

住んでいる場所によって、人の気質も土地それぞれ。


ユーコンの面積は、日本の約1.3倍。

その広い大地の中で、住んでいる人はたった3万4千人ほど。


日本のこまごまとした、本州の国土からは程遠い感覚です。

少し隣町に行くのにも、車で2時間程。当然その間、街を出ると信号がありません。


ただただまっすぐ伸びる道。

左右に広がる原野を見ながら、ひたすら前へと進みます。


ユーコンの人間は、ほとんどがよそから移ってきた人々で、この土地で生まれ育った人に会うと、逆に新鮮味を覚えるぐらいです。

それだけ、“よそ者”が集まってくるここユーコン。


人によって個性も様々ですが、一概にあまり小さなことには気にしない、おおらかな人間が多いような気がします。

逆に言えば、大雑把で、いい加減な人が多いようです。

なぜそうなのか?

答えはいくつもありそうですが、人が住む土地と関係があるのでは?

いつもそう思ってきました。


日本は、狭い国土にたくさん人がいます。お互い折り合いをつけて、うまく生きていく知恵が芽生えます。

繊細な目で、自然を見つめ、細かい芸当が得意な日本人。その美しい気質の由来が、わかるような気がします。


それに比べて、土地が無限に広がるこのユーコン。

この土地で育った人、魅せられてくる人にある一種の雰囲気。

優しさとおおらかさといってもいいでしょう。

大きな大地が、それを可能にしてくれるのかもしれません。


日本とユーコン。

どちらも良し悪しはあります。

こちらにいれば日本が恋しくなり、日本にいれば、こちらのいい面が見えてくる。

ないものねだりの悲しい性。


将来どこで生きてゆこうとも、日本人であることには変わりありません。


日本の心で見る、極北ユーコン。

どう伝えていきたいのか。


日本とユーコンが、いつも心のどこかにあります。

20070227135128.jpg


"Mt.Logan-The Higheest Mountain in Canada" <カナダの最高峰マウントローガン。一面に広がる氷河には、圧倒される。パノラマカメラが役立つ。>

Comment

Secret

ザ・日本人

やっぱりあのだだっ広い大地のおかげでしょうか?
あのおおらかさが羨ましい。

ホワイトホースにいる間
いつも早めに行動しちゃうところとか
私ってやっぱり日本人だな~なんて
思いました。
ホストファミリーと過ごしていても
どこまでがお国柄なのかわからないけど
「あっ時間とかはあんまり気にしないんだ・・・」
とか思いながら、日本人気質を捨てて
もう少しルーズになろう・・・なんて心がけたり
していました。

世界は広い

何か思うところがあるのだろうか。
そんな文章ですね。

色んな人種が混ざり合ってこそ、色んな意見も
出るし、色んな世界観があると思います。
そんな中で生きて行けることは、素晴らしいですね。
ホントに良い経験をしていらっしゃって、羨ましい
限りです。

早く同じような体験をしたい気持ちが募るばかりです。

郷に入っては郷に従え…

日本に長く住んでいる外国人って、日本顔になってますよね。海外に住んでいる日本人もそう。

その人の生き様や内面が、歳をとればとるほど、顔に出てくる。

怖いですね…がんばらないと。

上村さんは、ユーコンと日本と野生動物の顔?
魅力的でいいですね。

がんばってください。

いい文章ですね

私は海外で暮らしたことはありませんが、
たった数日の間だけ日本を離れていても
普段は感じない日本の輪郭が見えてくる
ような気がします。
そして、ホワイトホース滞在時には、せっかち
な自分に気付き・・・さらに(ユーコンに生きる)
上村さんたちの大らかさが眩しく見えたこと
を思い出しました。

ACOさん

現地の人と過ごすと、ほんとにその土地や人の様子がわかっていいですよね!

私も時間にせっかちな自分にいいやら、悪いやら。

やっぱり日本人だなと思うことがたくさんあります。

日本人の自分を受け入れながら、現地とうまくやっていく。

それがうまくいけば最高ですよね!

カヌーやりたい人様

最初外国に行った際に、妙に悩んだことを覚えています。

今以上に若かったせいもありますが、現地の人が自分とはまったく価値観の中に生きている。そう気づくのにしばらく時間がかかり、そしてそれを受け入れながらうまくやっていこうとする術を身につけるのに、苦労したことを覚えています。

最近では、もうわりきり、自分は自分。それでもうまくやっていく。そうやっていっていますので、ストレスはかかりませんが、やっぱり時折、自分は日本人だなーなんて思います。

いずれにせよ、ここから違う角度で母国をみれること。それだけでも外国いる意味があると思います。

NOVさん

そうですか!あまり顔の表情は気に留めてはいませんでしたが、やっぱり顔つきにもでてくるのですね。

私は、呑み助の顔と、オーロラガイドが混ざったような顔でしょうか?

もうすこし、時がたてばきりっとしてくるといいのですが(笑)。

がんばります。ありがとうございます。

まっしゅさん

ありがとうございます。

やっぱり外国にでると、日本のいいとこ、あまりよくないことよくみえてきますよね。

ここでは、できるかぎりおおらかに生きて生きたいですが、それでも忙しいときは顔がひきつっているかもしれません。

そんなときは、外にでて大きな景色をみることにしていますよ。

確かに。

ホワイトホースに行って思ったのは、現地の方々の雰囲気の良さ。愛想が良すぎです!村上さんの言うように、大自然がそうさせるのでしょうか?
人柄が良いおかげで、ホワイトホースが楽しかったのは間違いないです。
そして、カナダに住んで思うことは、日本て素敵な国だな、ということです。
どちらも良し悪しがありますけどね。

むらよさん

そうですね。ほんと、こちらの人は、困っていればたいていは助けてくれますね。

日本もユーコンもどちらもそれぞれのいいとこがあります。

どこにいても、生きる条件みたいなものは変わらないのかもしれませんね。その中で何を感じ、何をしていくのか。

結局は自分なのかもしれません。最近そう思えるようになりました。
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。