「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーコンへ戻りました。

ユーコンは雪景色!

昨晩ユーコンへと戻ってきました。

安いチケットを買ったため、成田、カルガリー、バンクーバー、ホワイトホースと長旅になってしまいました。。。

日本からカルガリーへ飛んでいると、すぐそこにユーコンがあるのですが通り過ぎていってしまいます。

直行便があると早いのですが、途中で飛行機から降ろしてもらうこともできませんしね。

ホワイトホースに到着するころには夜中過ぎ。

マイナス11度ほどで、当然我が家ゲル内は完全に凍っていました。(2、3日後には−25度前後だとか。。。)
yurt wood fire blog
<凍ったゲルに火をいれる。薪割りがほとんどやっていない状態。今更ながら薪作り忙しくなります。>

そのまま残していった水気のあるものは全て凍り、オリーブオイルは凍って真っ白に。

ゲル内が完全に温まるまで2時間ほどかかりましたが、一度温まると快適です!

北海道の山小屋から大都会東京へ。

そして極北の街ホワイトホースの森の中にあるゲルの中へ。

たくさん移動した今回の帰国でしたが、あっという間に過ぎていってしまいました。

もっと会いたい人がいましたが、今回は駆け足での滞在となってしまいました。

早速今日からお仕事で、オーロラツアーに忙しくなる季節となってきます。

写真は北海道の手作り山小屋と農場の様子から。

tamg yamagoya blog
<産まれた友人のGちゃん。初対面でした。山小屋の写真をタミーとじっと見ていました。かわいい!>

yamagoya party blog
<昼から夜にかけての山小屋パーティー。去年ユーコンに来て下さった方々などと再会。>

tam kuchan blog
<北海道時代行っていた親子野外の英語教室。元気な生徒であったKちゃんとご両親との再会です。マッチで薪に火をつけている様子。野外で子供といろんな楽しいことをしていた記憶が蘇る。>

tam hirata san blog
<山小屋の管理をして下さっているHさん。宴会前にタミーに日本語を教えているところ。>

yamagoya tnt blog
<山小屋の前で。まだタミーは一人でこの小屋の中に滞在中。1週間後にユーコンへ帰ってきます。>

theme : 自然の写真
genre : 写真

Comment

Secret

No title

いつも、どの写真も素晴らしいものですが
この一番最初の赤ちゃんとタミーさんがドールシープの写真を見つめているシーンには思わず引き込まれました。ピュアな心を持つ赤ちゃんがこの写真を見て何を感じたのか知りたくなりますね。やはり、ともさんの腕は凄い!

Re: No title

ありがとうございます。。。子供はものごとを素直な目でみているので、おそらくその姿が映るのだと思います。写真に写っている友達の子供もかわいかったですよ。山小屋でやっていた親子教室を思い出しました。

> いつも、どの写真も素晴らしいものですが
> この一番最初の赤ちゃんとタミーさんがドールシープの写真を見つめているシーンには思わず引き込まれました。ピュアな心を持つ赤ちゃんがこの写真を見て何を感じたのか知りたくなりますね。やはり、ともさんの腕は凄い!
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。