「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラスカ チャーター船 サーモンフィッシング 

昨日は朝から忙しい一日でした。

午前7時にチャーター船に乗り、そのままキャプテンのケントさんに連れられて再びシトカの海へと出かけました。

チャーターした目的の一つにはクマの写真を撮ること。

しかし現場の小川に到着しても、既にサーモン釣りのボートがいてクマはいません。

2年前まではチャーター船として釣り人を案内していたというケントさん。

もともとアラスカの生物学者で、自然に対する知識や腕がかなりありそうです。

ネイチャーツアーとフィッシングツアーどちらもできるのが幸いし、こちらも早々に写真から釣りへと切り替えました。

実は写真も好きですが、趣味として大好きなのは魚釣り。

正直、今回は写真よりもサーモン釣りのほうがはるかに重要で、クマがいないと少しほっと?したものです。

ずっと昔から釣ってみたかったアラスカのどでかいキングサーモン。

tomo fishing salmon blog
<朝霧が立ちこめる南東アラスカ。釣り糸を沈めて、大きなキングサーモンを狙います。>

この辺りではキングサーモンは沖合へ船を出して、大きな装備で行かないとなかなか釣れない釣りのようです。

今回ケントさんとの巡り合わせから、ふと機会がやってきました。。。

沖合へ移動し大きな錘をつけて、ダウンリガーのシステムと共にルアーを海底へと沈めます。

無線で仲間と情報交換をするケントさん。

チャーターボートの友人から釣れているとの連絡がありました。

場所を変えてから30分ほどたったころでしょうか。。。

急に竿先がビクビクと引っ張られました。

yoriko fightin with fish blog
<大きなサーモンと格闘するYさん。彼女にとっても初めての本格サーモン釣り>

格闘しながらリールを巻いてゆくと、魚の陰が見えてきます。

網で魚を救い上げると。。。きれいなサーモン。

きれいな銀色のシルバーサーモン(ギンザケ)です!!

yoriko coho blog
<まるまる太った大きなシルバーサーモンが釣れました。>

その後も10分ほど置きにどんどん釣れ始めます。

シルバーに、ピンクに、チャムサーモンまで上がり始めます。

kent unhocking blog
<サーモンを扱うケントさん。>

kent with salmon blog
<たくさん釣れ始めるサーモン。今回は海中15メートルほどに集中していました。>

おいしいシルバーも4、5本上がりましたが、なかなかキングサーモンがかかりません。

深さを変更し、海底まで落としましたがあたりはなし。

30分ほどそのままの状態でいて、深さをまた調節すると。。。当たりました!

今度こそはと毎回思いながらリールを巻きます。

上がってきたのはまさにキングサーモン。でもサイズが普通のサーモン並みです。

法律で定められたキープできる大きさにわずか3インチほど足りません。

その場で悲しくもリリース。

その後もまた小さなキングを釣り上げましたが、キープはできませんでした。。。

結局4時間ほどねばりましたが、念願のキングはお預け。

とはいってもおいしいギンザケ(通称COHO)が6匹、ピンクサーモンが4匹、チャムが1匹と11匹も釣れましたので良いフィッシングです。

salmons blog
<船に溜ってゆくサーモンたち。全てをユーコンへと持って帰ります。>

魚探しはケントさんの腕にかかっていますので,釣れたといっても彼のお陰。

それでも大きなアラスカの海原で味わう魚の感触は最高です。

港に魚を到着をサーモンを捌いてくれたケントさん。

夕方B&Bに持ち帰り、宿のお母さんに教わりながら圧縮鍋で瓶詰めにしました。(次回へ続く。)

kent landing net blog
<アラスカの海での最高の一日。昼前には霧も晴れました。>

Comment

Secret

No title

さすがですね。来年、私たちもそこに、行けるのかな?Mさん、今年は、毎月海釣りに行く予定です。来週の日曜日は、羅臼の相泊から船に乗ります。タコも釣るらしいですよ。Yさんに、楽しんでと伝えて下さい。

Re: No title

こんにちは、Mさんも毎月釣りですか!来年はサーモン釣りいきましょう。オヒョウなんかも釣れるとおもしろいのですが!Mさんに宜しくお伝えください。。。

> さすがですね。来年、私たちもそこに、行けるのかな?Mさん、今年は、毎月海釣りに行く予定です。来週の日曜日は、羅臼の相泊から船に乗ります。タコも釣るらしいですよ。Yさんに、楽しんでと伝えて下さい。
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。