「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダヅルの渡り Sandhll Crane Migration

今日Faroから帰ってきました。

この時期ファロの上空を渡っていくのが何万羽のカナダヅル。

2日間ほど滞在しましたが、今年は多くのツルが上空を飛んでいきました。

sandhill migration
"Sandhill Cranes over Faro, Yukon"<形を変えながら進んでゆくカナダヅルの群れ。>

遠くはテキサスからアラスカ、シベリアへと渡ってゆくカナダヅル。

アラスカのフェアバンクスから来た専門家&愛好家ジョージさん(www.alaskasandhillcrane.com) の素晴らしいプレゼンもあり、楽しんで学べるイベントとなりました。(奥さんとともに裏庭に毎年来るツルの子育てなどを記録しています。)

偶然にもジョージさんは2009年に北海道の鶴居村へ丹頂を見にきていました。

その頃は僕もタミーも鶴居村に住んでいた頃。

今年の春フェアバンクスに行く予定ですが、会いにいくと約束して別れました。

どこか遠く離れた鶴居村とユーコンが繋がった感じがします。

ユーコンはカナダヅルにとっては移動の地。

ここで滞在することはありませんので、その姿は頻繁にみることはありません。

写真は2年前にアラスカのホーマーでみたカナダヅルです。

丹頂の真っ白な美しさとは違いますが、大きな大陸を移動する数と距離には圧倒されます。

sand hill homer
"Sandhill Feeding in Homer, Alaska" <ホーマーのツルはカルフォルニアから来ているようです。>

Comment

Secret

プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。