「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼とカメラ ー「当たり前の世界」を見るー

以前目が一時見えなくなったことがあります。

昨日久々に出かけたダウンタウンの眼科にて、過去の眼の病気のことを聞かれました。

20代の前半、知り合いのイヌイットがいたグリーンランドへの旅の資金稼ぎをしていた時。

車を運転していると、突然小さな玉が眼の中をピンボールのように走るようになりました。

そのまま視力が落ちていき、コンタクトや眼鏡をしても見えない状態。

大きな病院でも原因がわからず、日常生活もままならないまま実家にこもち、この先のことを考えていたのを覚えています。

1ヶ月ほど過ぎた頃だったでしょうか。

視力が突然戻ってきました。

時は過ぎて北海道の釧路の小さな眼科に行った時のこと。

お医者さんが、こちらが言いもしないのに、眼の病気を煩ったことがあるのかと聞いてきました。

大きな総合病院でも分からなかった病名が、街の小さなお医者さんによって初めてわかりました。

あれから10年も過ぎましたが、幸いずっと眼が見え続けています。

病気後世界を見る目が変わったかというと、正直たいして今までは深く考えたことがありませんでした。

昨日眼科にて眼の裏の写真を撮ってもらい、昔の炎症の跡をじっくりと眺めました。

全てが経験できるのも、健康な体があってこそ。

よく言われることですが、当たり前と思っていることを今一度思い出すことができた一日でした。

この影響かはわかりませんが、たった今白黒のフィルムを注文したところです。

カメラを通して、じっくりと深く刻まれた人や社会、自然の様子を見ていきたい。

ずっとそう思っていたものの、お気に入りのフィルムカメラずっと遠ざかっていました。。。

フィルムならではの感覚で、今一度新たに世界を見直したいと思います。


写真をやる以前に、世界が実在し、その様子が眼で見えること。

眼が見えたら、その眼でじっくりと世界の物事を見て体験し、理解しようとすること。

余裕があれば、カメラという媒体を通して、映像を焼き付けること。

そして他人の生活や他の生命を撮ったのであれば、可能な範囲で自分のものだけとして溜め込まず、
他の人たちと共有すること。。。。

世界を見ることや写真を撮ることに対して、もっとストレートに、根源的なものを見つめ直したいと思いました。

当たり前のものを再認識したとき、世界が違って見えるでしょうか。

salmon bw
<穫れたばかりのサーモンを捌く。カナダ極北グイッチン族の古老、スティーブのキャンプにて。>









theme : 旅の写真
genre : 写真

Comment

Secret

白と黒

実は私 ともさんの白黒の写真 とっても好きなのです。私たちの眼に映る「現象」の奥にある“何ものか”が垣間見えるような感じがするから…。これからの白黒写真 楽しみにしています♪

Re: 白と黒

ふみよさん

ありがたいお言葉、嬉しいです。
カラーとは違った世界の見方ができるのも、白黒写真のいいところですね。
楽しみながら、少しずつ撮っていきます!

> 実は私 ともさんの白黒の写真 とっても好きなのです。私たちの眼に映る「現象」の奥にある“何ものか”が垣間見えるような感じがするから…。これからの白黒写真 楽しみにしています♪

あたりまえのこと

目が見えなくなったことがあるなんて知りませんでした。

人間って欲張りで勝手な生き物ですよね。五体満足で健康で住むところ食べるものに恵まれながらも不満を言うんですよね。何かを失って初めて大切なものの存在に気付かされます。上村さんほど写真の役目を探求してる人を知りません。頭が下がります。
これから益々上村さんの写真に魅了され学ぶこと多しと楽しみです。

Re: あたりまえのこと

本当になにかが無くなるまで気づかないのが、人間の悲しい性なのかもしれません。
逆に失うこと、それが一時的なものであるならば、神様からそのありがたさに気づきなさいよ。という信号なのかもしれませんね。

目と生活は直結していますし、写真にも現れてきます。
カメラ以前に、見えることが素晴らしいことと気づかされたのは大きなことでした。
そしてそこからカメラの方に入っていきましたので、正直カメラ自身よりも
見えるものの意味や体験の重要さをいつも考えています。
そしてそこからカメラを通して、何か形にできればと思っています。
そしていつも応援ありがとうございます。心から感謝しています。



目が見えなくなったことがあるなんて知りませんでした。
>
> 人間って欲張りで勝手な生き物ですよね。五体満足で健康で住むところ食べるものに恵まれながらも不満を言うんですよね。何かを失って初めて大切なものの存在に気付かされます。上村さんほど写真の役目を探求してる人を知りません。頭が下がります。
> これから益々上村さんの写真に魅了され学ぶこと多しと楽しみです。
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。