「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訪問者

ゲルに小鳥が遊びにきてくれました。

1ヶ月ほど前に設置したバードフィーダーですが、今まで唯一気づいてくれたのは森のアカリスのみ。

鳥たちはまだその存在に気づいていませんでした。

今日は朝からドアの外を見ていると、小鳥が忙しく飛び回っています。

近くにいっても全く逃げる様子もなく、目の前でたっぷりと見ることができました。

blackcapped chikadee
<餌を枝の上で割っています。>

図鑑によると、鳥の名前はBlack-Capped Chikadee=アメリカコガラだそうです。

カラ類は何種類かいるようですが、北米では一般的な鳥だということ。

たまたま明日からホワイトホースのカレッジで鳥のコースが始まります。

少し鳥の勉強でもしようかとコースを予約しましたが、一日前に現れてくれました。

これから毎日外をみるのが楽しみになりそうです。。。

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

Comment

Secret

白頭鷲のような鳥もカッコよくてステキですが、小鳥もまた愛らしくて和みますよね( ^^ )

私の住むお隣の市の池に、コウノトリが飛来しているそうなので見に行きたいなって思ってます◎


また、小鳥も写真も楽しみにしていますね。

Re: タイトルなし

隣りの街にコウノトリが来ているのですね。すごいですね。一度見てみたいです。
今日から鳥のクラスが始まりましたが、極北の生活の中で鳥を意識して見ていけたらと思っています。
今日もこの鳥、フィーダーに来ていましたよ。好奇心溢れる鳥らしく、手からも餌をとっていきました!


> 白頭鷲のような鳥もカッコよくてステキですが、小鳥もまた愛らしくて和みますよね( ^^ )
>
> 私の住むお隣の市の池に、コウノトリが飛来しているそうなので見に行きたいなって思ってます◎
>
>
> また、小鳥も写真も楽しみにしていますね。

No title

我が家の近くの公園に今とても珍しい小鳥が飛来してきてるそうです。普段は日本の寒い地方でしか見られない小鳥でなぜカナダのバンクーバーに来ているのか専門家は不思議がっています。野鳥鑑賞の人たちが挙って観に来ていて、「この鳥がBCで観られることは、バンクーバー・カナックスがスタンレーカップを手にするのと同じくらいにレアなことなんだ」と笑っていました。カナックスファンとしては笑うに笑えない心境ですが・・・。(´;ω;`)

Re: No title

こんにちは、珍しい小鳥が来ているのですね。バンクーバーカナックスがスタンレーカップを手に入れるのと同じくらいに珍しい。。。なんとまあ素晴らしい表現でしょうか!小鳥が毎年やってきてくれると、カナックスも毎年カップを手に入れることになるのでしょうか?しばらく小鳥さん滞在してほしいですね(笑)

> 我が家の近くの公園に今とても珍しい小鳥が飛来してきてるそうです。普段は日本の寒い地方でしか見られない小鳥でなぜカナダのバンクーバーに来ているのか専門家は不思議がっています。野鳥鑑賞の人たちが挙って観に来ていて、「この鳥がBCで観られることは、バンクーバー・カナックスがスタンレーカップを手にするのと同じくらいにレアなことなんだ」と笑っていました。カナックスファンとしては笑うに笑えない心境ですが・・・。(´;ω;`)
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。