「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極北の冬 

今日の一日で随分と温かくなりました。

朝はマイナス18℃。

風が強かったので体感温度は寒かったですが、夜の今はマイナス10℃です。

このくらいになると温かく感じるので、人間の体の順応はすごいですよね。

cessna sunlit
"A Cessna Plane, Yukon, Canada" <機体にも毛布が被さっていました。>

今朝はガイドのお仕事で、セスナ機のある飛行場まで行ってきました。

今回は乗ることはなかったですが、朝10時出発時にちょうど朝日が昇ってきました。

極北の冬、人は常に気温と日照時間を気にしながら生きています。

「冬を何度か越さないと極北の人とは認められない。。。」そういう話をこちらでは聞きます。

この冬があってこそのあの夏の輝きがあるのかもしれません。

冬至が近づいていますが、一年で最も日が短い日を越すと心は春と夏に少しずつ向かっていきます。

明日は一日薪割りを、そして明後日はどこか郊外で冬の自然を堪能できればと思っているところです。

theme : 季節の風景
genre : 写真

Comment

Secret

No title

はじめまして。
私は、来月の中旬からYukonに引越しします。
そのため、色々と情報を集めていてこのブログに出会いました。
既に雪国使用の服、靴、帽子と揃えましたが、まだまだ甘い気がしてきました。
私もYukonで何度も冬を経験して極北の人になれるよう、頑張ります。

Re: No title

MIEさん 
こんにちは、上村です。
来月からこちらへいらっしゃるのですね。
ユーコンへようこそ!
いつもはそこまで寒くありませんので、心配いりませんよ!
こちらは美しい自然とユニークな人が多い場所です。
また近いうちにお会いできそうですね。楽しみにしています。

> はじめまして。
> 私は、来月の中旬からYukonに引越しします。
> そのため、色々と情報を集めていてこのブログに出会いました。
> 既に雪国使用の服、靴、帽子と揃えましたが、まだまだ甘い気がしてきました。
> 私もYukonで何度も冬を経験して極北の人になれるよう、頑張ります。
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。