「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイナス32度のゲル暮らし

「とも、生きてるか?」

犬ぞりの家主のボーイフレンドに聞かれたのは昨日の朝。

「もうそろそろ仕事が落ち着いてもいいのだけれど。。。」

そう答えた僕ですが、質問の意味をはき違えていました。

ここ3週間はずっと朝から晩まで働き詰めの状態でしたので、心配して聞いてくれているのかと思っていると。。。

外はマイナス32度。

32 below
<ゲルの中から見える外の温度計>

「極寒の中でのゲル暮らしは大丈夫なのか?」という意味でした。

昨日と今日とここホワイトホースはマイナス30度を切りました。

地元の人にとってはマイナス30度が一応寒くて暮らしが大変と感じるひとつの境目です。

ユーコンの冬をゲルで暮らしてみる。

yurt inside winter_edited-1
<ゲルの内部。天上のスカイライトとドアのみから光が入ってきます。冬は3つの窓は閉まったまま。>

そうはいって住んでみたものの、周りにあまり参考となる人がいませんでした。

マイナス10度、15度、25度、30度。。。

気温が下がっていく度にゲルの保温力を試してきましたが、

驚いたことにマイナス30度でもしっかり暮らしていけます。

winter yurt
<すっかり冬景色に。雪がたくさん積もっています。>

マイナス15度ほどの気温ですと、朝9時に薪ストーブを焚いて12時間ほっておいてもゲル内はまだプラスの2、3度です。

要するに凍らなければいいいのですが、マイナス30度の今日でも補助電気ヒーターの力を借りながらですが、家を出て7時間後でもゲル内はプラスの5度でした。

薪を入れると20分ほどで温かくなります。

room temp
<いつも室内の温度計とにらめっこの生活。>

これならマイナス40度、45度が来ても住めそうですね。(ひと安心です。)

直径20フィートと小さなゲルですが、なかなか快適な暮らしができています。

さて今は夜の11時。

そろそろ薪を入れなければいけない時間です。

森の中のトレイルを通って「自宅」であるゲルに帰り、薪を割ってストーブに入れてから寝る予定です。。。

PB066316.jpg
<昨日の朝のユーコン川。川霧があがっていました。>

Comment

Secret

厳寒!

大変な生活ですね。私も心配してました。特にトイレに関しては野外でしたよね・・・? (゚o゚; 冬季は二人での外泊や旅行は御法度?冬が大好きな北海道育ちの私でもユーコンでは生きていけないかも?

Re: 厳寒!

本当に寒いです!でも冬は凛としていて、雪を眺めるのが大好きです。
野外トイレはさすがにぱっといって、ぱっとすませて帰ってきますが。。。
冬もきれいですので、是非お越しくださーい! うえむら

> 大変な生活ですね。私も心配してました。特にトイレに関しては野外でしたよね・・・? (゚o゚; 冬季は二人での外泊や旅行は御法度?冬が大好きな北海道育ちの私でもユーコンでは生きていけないかも?
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。