「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エディスおばあちゃんのお墓

オールドクローから帰ってきました。

帰る一日前に偶然亡くなったエディスおばあちゃんのお孫さんと会いました。

村の様子を語りつぎ、ホワイトホースの新聞にも素朴な記事(昔の村の様子。自然との関わりなど)を寄稿していたエディスおばあちゃん。

(エディスおばあちゃんについての2009年のブログ記事はこちら以前の記事

2009年12月に会ったのが最後で、2010年の1月31日にこの世を去りました。

おばあちゃんからグイッチンの物語を受け継いできたお孫さんのタミー(妻と同名!)。

僕たちのために時間を割いてくれ、3つのストーリーを披露してくれました。

その後向かったのはエディスおばあちゃんのお墓。。。

こんなタイミングで訪れるとは思っていませんでしたが、お墓の前にて再会。

edith grave
<エディスのお墓の前にて。お孫さんのタミー>

手を合わせて帰ることができました。

たまたま村に帰郷していたお孫さん。

亡くなった際にエディスの娘さんに北海道から送った彼女の写真を大切に持っていてくれました。

他のコミュニティーに住んでいる為、出発と共にこの写真も持ち帰るそうです。

edith tammy photo
<お孫さん、写真を持ち帰る為バギーに乗せるところ。>

容器で明るく、ブロークンな英語で話しかけてくれていたエディス。

あの楽しそうな笑い声が今でも聞こえてきそうです。。。

edith blog
<彼女がカリブーを切る様子。最初の訪問にて。この写真だけは他にはない特別な想いがあります。>

Comment

Secret

目には見えないもの

カリブーを切るエディスさんの写真。私の心が強く惹かれる一枚です。
写真は目に見えないものもうつし込むものですが、この写真は そういったものが ぎゅっ と詰まっているような… 観ていて飽きない と言いますか、ずっと観ていたい気持ちになります。

ともさんの写真で好きなものはいろいろありますが、中でも白黒のものは ちょっと特別な雰囲気を持っていて 心惹かれます。

Re: 目には見えないもの

うれしいコメントありがとうございます。
この写真、彼女がまだ生きていたとしていも、僕ももう2度と撮れないと思っています。
まだ写真を始めた当初の機械式カメラで、レンズも持っていたのは1本だけ。
白黒のフィルムで撮った大切な写真です。
今は機材も増えましたが、やっぱりあの頃の感覚、驚きはその当時でないと感じることができなかったのかもしれません。
もちろん被写体のエディスおばあちゃんの温かい力があってこその写真だと思っています。。。

> カリブーを切るエディスさんの写真。私の心が強く惹かれる一枚です。
> 写真は目に見えないものもうつし込むものですが、この写真は そういったものが ぎゅっ と詰まっているような… 観ていて飽きない と言いますか、ずっと観ていたい気持ちになります。
>
> ともさんの写真で好きなものはいろいろありますが、中でも白黒のものは ちょっと特別な雰囲気を持っていて 心惹かれます。
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。