「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北極へ 荻田泰永さん

北極点へ向けて、荻田さんが日本を今月16日に発ちました。(荻田さんのHPはこちら

補給なしで北極点へ到達するため、今までずっと北極へ通ってきた人です。

10年前に僕が山形の極地冒険家、大場満朗さんのところで働いていた際に知り合いました。

その後はお互い別の道をいっていましたが、2010年の東京での写真展に来てくれて以来連絡が復活。

当時は同じ北海道在住ということで、鶴居村のキャビン作りも手伝いにきてくれました。(床張りを手伝ってくれましたよ。)

そのときから北極点到達の夢や莫大な資金を集める難しさを話してくれていましたが、ついにようやくその時がきたようです。

今はバンクーバーを経て、北極圏へ入った模様です。出発までもう少しでしょうか?

無事に帰ってきて欲しいですし、今度再会した時にはゆっくりお話を聞いてみたいものです。

ずっと願って行動していると、その方向へ着実に向かっていくものですね。

荻田さんがんばってください。(シロクマや氷の割れ目には気をつけて。。。)  

北極点サポート隊員募集していますよ。送られてくる様子が楽しみですね。

Comment

Secret

No title

ローカルニュースだけどTVで北海道出発の模様を紹介してました。元気に戻られるのを願ってます。

Re: No title

Kei さん

本当にがんばって欲しいですね。無事に元気に戻ってきてくれるのを願っています。

> ローカルニュースだけどTVで北海道出発の模様を紹介してました。元気に戻られるのを願ってます。

No title

上村さんからのメッセージ、荻田くんに伝えますね!荻田くんの紹介、ありがとうございます。いつも応援、ご支援、感謝してます。

Re: No title

荻田さん、がんばってくださいね。さちさんもサポート頭下がります。またゆっくりとお話しましょう。北海道の山小屋、もしくはユーコンで?夢が広がりますね。レポートを楽しみにしています。

> 上村さんからのメッセージ、荻田くんに伝えますね!荻田くんの紹介、ありがとうございます。いつも応援、ご支援、感謝してます。
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。