「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーロラのイメージ 一喜一憂

今日は強いオーロラが出ました。

個人的には去年末の12月30日以来に見ましたが、他のガイドに聞いても4日前のものも含めて1ヶ月ぶりのいいオーロラの波に乗っています。

お客さんには初日の人がほとんどでしたが、日本で宣伝で使われているような「イメージ通り」のオーロラが出ました。

こうなるとガイドも嬉しいですし、ほっとしますね。

正直毎回このようなものが出ると苦労はしないのですが、1ヶ月に1、2度出るぐらいが現実です。

普段はもっと薄いものが多かったり、曇っているだけのこともありますが、それもこれも含めてのオーロラ鑑賞。

個人的には極北の魅力全体を知って欲しいといつも願っているので、オーロラだけを極北の全体の魅力から切り離して鑑賞しにくる人よりも、自然や街や人を好きになってくれる人がいると、話が弾みますし個人的にも嬉しいです。

極北に住んでいると、「なんでここに住んだのですか?」とよく聞かれます。

もともとはシーカヤックや犬ぞり習得の為に訪れたのですが、当初はユーコンではなく、実はイヌイットのいるグリーンランドを考えていました。先住民族たちのハンティングや自然に近いライフスタイルを経験し、何かを学びたかったというのが一番大きかったのかもしれません。(それは今でも続いています。)

いろいろ縁があってきたユーコンですが、今でもやっぱり犬ぞりやカヤックが好きですし、なによりこの土地の自然に即したライフスタイルが気に入っています。

とはいっても短いツアーでは的を絞らざるを得ないので、オーロラに焦点が当たるのでしょう。

もっと角度を変えた、より極北のコアなものに近づく共有方法を個人的に模索しながらも、

毎日オーロラの出現に一喜一憂している日が続いていますよ。

どなたかオーロラ発生機のスイッチを開発された方がいましたら、ご連絡ください。

強さと色と発生時刻が設定できるものがあれば最高です!

なんて言い過ぎですね。。。

aurora expanding
"Dancing across the Sky" <夜空に舞う>

Comment

Secret

No title

実はここ数日、日本でも、場合によっては本州ですらオーロラが見える可能性がある、という報道がありました。
まぁ中緯度オーロラというのは極北のものとは大分趣が違うのでしょうが、ちょっと期待してしまいました。
そんな話が出るような太陽の状態なのでしょうから、さぞかしユーコンでは凄いオーロラが出ているのだろうなぁ、と想像してたのですが、やっぱりよかったみたいですね!

No title

【いいね!】

Re: No title

【どうも!】

> 【いいね!】

Re: No title

僕も日本での様子が気になっていたのですが、結局どこかで低緯度オーロラは見えたのでしょうか?
こちらは一番強いオーロラが来たときは曇りで見えなかったですが、昨日は予想よりも少しよかったです。
北海道で見たという方に以前お会いしましたが、向こうでみるオーロラはまた格別なのでしょうねー。



> 実はここ数日、日本でも、場合によっては本州ですらオーロラが見える可能性がある、という報道がありました。
> まぁ中緯度オーロラというのは極北のものとは大分趣が違うのでしょうが、ちょっと期待してしまいました。
> そんな話が出るような太陽の状態なのでしょうから、さぞかしユーコンでは凄いオーロラが出ているのだろうなぁ、と想像してたのですが、やっぱりよかったみたいですね!

コニカミノルタプラザでオーロラ写真展

低緯度オーロラ関連ですが、新宿のコニカモノルタプラザで「宇宙から見たオーロラ展」を2月19日まで開催中です。

その中の「地上から見たオーロラ」のセクションで、2001年4月と2003年10月に長野県富士見高原と山梨県甘利山で「低緯度オーロラ」を撮影した牛山俊男さんがオーロラ写真を公開しています。
国際宇宙ステーションからのオーロラ写真や、アラスカのライブ映像、もちろん「低緯度オーロラ」の写真も展示してあります!
ご本人もいらっしゃっているでしょう。

Re: コニカミノルタプラザでオーロラ写真展

小貝さん

情報をありがとうございます。低緯度オーロラはこちらでは当然見えないので、逆に興味があります。他の惑星でもオーロラが見えるものがあるようでして、将来は宇宙旅行で見るオーロラツアー!なんてできるかもしれませんね。とお客さんに時折冗談半分で話しています。展示会にはいけませんが、また様子を教えてください。
ちなみに今夜はホワイトホースでは、ぼんやりとしたオーロラしか出ていませんでした。また明日に期待です。

> 低緯度オーロラ関連ですが、新宿のコニカモノルタプラザで「宇宙から見たオーロラ展」を2月19日まで開催中です。
>
> その中の「地上から見たオーロラ」のセクションで、2001年4月と2003年10月に長野県富士見高原と山梨県甘利山で「低緯度オーロラ」を撮影した牛山俊男さんがオーロラ写真を公開しています。
> 国際宇宙ステーションからのオーロラ写真や、アラスカのライブ映像、もちろん「低緯度オーロラ」の写真も展示してあります!
> ご本人もいらっしゃっているでしょう。

No title

北海道でもオーロラが見れることがあるって初めて聞いたときに、「中緯度オーロラ」って聞いた気がしていたのですが、低緯度オーロラっていうんですね。お恥ずかしい・・・。

Re: No title

トノさん こんばんは。低緯度オーロラと僕もなんとなくわかったつもりで使っているだけですよ。中緯度オーロラを検索してみましたが、いくつかヒットしていましたのでおそらく言い方の違いだけかもしれません。
ここ北緯60度のホワイトホースでは、今日はあいにく完全な曇り。オーロラはお預けでした。

> 北海道でもオーロラが見れることがあるって初めて聞いたときに、「中緯度オーロラ」って聞いた気がしていたのですが、低緯度オーロラっていうんですね。お恥ずかしい・・・。
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。