「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真展準備 ーアメリカ バージニア州のChrsitopher Newport大学にてー

オーロラガイドの仕事も忙しくなってきている今、個人的にも写真展の準備で追われています。

来年2012年の2月3日から3月2日まで、アメリカの大学で写真展があります。

Christopher Newport Universityという大学の芸術学部に併設してあるFalk Galleryにての写真展です。

個人的には行ったことの大学ですが、去年釧路で単発での翻訳仕事の際にこのギャラリーのオーナーと出会い、今回の写真展へと結びつきました。

毎回ながら人との出会いにはいつも助けられることが多く、

自分で意思している以上に、いい意味で予想とは違った方向へと導かれていくような感覚です。

いったい人生にどういう仕掛けがあるのかはわかりませんが、これからも写真を辞めずに撮っていけということでしょうか。(ガイドや写真や自然、英語など?「なんでも屋」の雰囲気がある僕ですが、肩の力を抜いて写真も続けていきたいと思っています。)

日本からわざわざ見に来てくれる人もいませんが、情報だけは載せておきます。

Newport University Falk Gallery of Art -February 3, 2012 - March 2
"Japanese Nature Photographer Tomohiro Uemura Solo Exhibition"


大学でのアート専攻の学生達も多く見にきてくれるはずで、何を感じてくれるのか。

不安でもあり、楽しみでもあります。

写真作品は30点用意する予定で、タイトルは

"Northern Life - Reflection on Life in Yukon, Alaska and Hokkaido"

いわゆる今まで住んだり訪れた場所の「北」をテーマとして生き物を中心にまとめています。

ギャラリーの様子はこちらです。Falk Gallery of Art

明日も仕事の合間をぬって、写真イメージ作りに励みます。

Deer Mother and Baby VA (1)
"Black Bear Sleeping on the Tree Stamp" <今回の写真展で使うブラックベアーの写真。今年の秋のヨットの旅で出会ったクマ。巨大な切り株の上で足を広げて寝ころんでいました。>

Comment

Secret

No title

上村様、写真展、拝見出来なくて残念です。
写真展の写真のイメージ作りも興味深いです。
そんな様子もブログにアップして頂ければ嬉しいです。
最近感じます。作品創りは、夫々の写真家の表現力や人間性、そして気持ちが物凄く反映されるというか大半がそれをしめる様な気がします。日々の日常の中でも、表現力を身につけられる様にしていきたいと思います。
明日は、皆既月食、ユーコンではどの様な風景に皆既月食が見られるのでしょうかね?ご自愛下さい。

いいね~~熊!!

のんびりしてる熊、いいですね~~!!
かわいい!!

「何でも屋」 だからこそのいろんな方達との繋がりがありますよね~!
「何でも屋」は引き出しの数なのだと思います。

知弘君の写真のファンは沢山いると思います。
ずっと頑張って続けてね~~。

あ~~その大学が近かったらなぁ・・・

Re: No title

えみさま

コメントありがとうございます。今までの写真展ではほぼ自分でプリントしていましたが、今回は国境を越えた発送もあるため、プリントと額はアメリカ本土でやってもらうことになりました。ですので、こちらは今回はデータでの作品作りになります。いつもですと、作品を作って、DMと作品を送り、自分で飾り、片付けたり。そして作品の注文を取り、売れたものは発送したり、あらたにプリントしたりしています。そして最後に来てくださった方やお世話になった人たちへのお礼状。こうして書いてみると、なんだかたくさんのプロセスがありますね。今回は時間と費用の関係から実際に会場にはいけませんが、開催中の様子の写真は送ってもらいます。
打ち合わせもメールやスカイプを中心に行っています。

作品作りは確かにいろんな要素があると思いますが、皆さんそれぞれアプローチが違っておもしろいです。個人的にはえみさんと同じく、人間の総合性が反映されやすいのではと思っていますので、なんだかんだと理由をつけて写真以外の楽しみを追求しています。(ただの浮気性&飽き性?)そして最近とくに思うのは、カメラに邪魔をされたり、ふりまわされたりせず、まずは体験そのものをしっかり楽しみたいとことです。写真で作品にしたり記録にも残さずとも、まずは今そこにある素晴らしい体験や現実を五感で受け止め、そして余裕のある時はカメラを向ける。そういうスタンスになりつつあります。なんて書きましたが、いい時に限ってバッテリー切れやメモリーカードがいっぱいです。という表示が出ませんか(笑)??そういえば月食ですね。今から情報集めてみます!

> 上村様、写真展、拝見出来なくて残念です。
> 写真展の写真のイメージ作りも興味深いです。
> そんな様子もブログにアップして頂ければ嬉しいです。
> 最近感じます。作品創りは、夫々の写真家の表現力や人間性、そして気持ちが物凄く反映されるというか大半がそれをしめる様な気がします。日々の日常の中でも、表現力を身につけられる様にしていきたいと思います。
> 明日は、皆既月食、ユーコンではどの様な風景に皆既月食が見られるのでしょうかね?ご自愛下さい。

Re: いいね~~熊!!

しのぶさん

コメントありがとうございます。
このクマ、トレイルの真横にいたみたいですが、行きは気づかず、帰りの森の散歩で寝ているのを発見しました。鈍感ですよね。。。「なんでも屋」や写真への温かいコメントありがとうございます。なんでも屋ながらも、写真もあまり手を抜かずにがんばっていきます。僕もお金が足りなくて会場へはいけません!!送ってこられる実際の会場の写真を楽しみにしているところです。またいつか北海道にも写真持っていきたいです。ともひろ

> のんびりしてる熊、いいですね~~!!
> かわいい!!
>
> 「何でも屋」 だからこそのいろんな方達との繋がりがありますよね~!
> 「何でも屋」は引き出しの数なのだと思います。
>
> 知弘君の写真のファンは沢山いると思います。
> ずっと頑張って続けてね~~。
>
> あ~~その大学が近かったらなぁ・・・

すごいですね

ともさん、こんにちは(こんばんは)
アメリカでも写真展だなんて、すごいですね。
これは、ともさんの人柄からなる、人徳なんでしょうね。
助けたいという気持ちよりも、何か一緒にやってみたい、という気持ちにさせる雰囲気を持っているんだと思います。
私もいつか何か一緒に出来たらいいなぁと思います。

成功を願っていますよ!

Re: すごいですね

ゆういちろうさん

こんばんは。今回は本当にたまたまこういう展開になりました。話があってから時間が経ち、本当に開催するまでになりましたので、こちらも嬉しい驚きです。本当にいつか一緒に何かできたらいいですね!応援ありがとう。がんばります。

> ともさん、こんにちは(こんばんは)
> アメリカでも写真展だなんて、すごいですね。
> これは、ともさんの人柄からなる、人徳なんでしょうね。
> 助けたいという気持ちよりも、何か一緒にやってみたい、という気持ちにさせる雰囲気を持っているんだと思います。
> 私もいつか何か一緒に出来たらいいなぁと思います。
>
> 成功を願っていますよ!
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。