「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨットでの自給自足 ーカニを捕るー

ヨットの上の自給自足。

先日はエビのお話をしましたが、今日はカニを捕る話です。

こちらカナダやアラスカでは、カニやエビ捕りがスポーツフィッシングの一環としても行われいます。

もちろんエビやカニでキャッチ&リリースをする人はおらず、捕る目的は食べるのみ!

カナダのバンクーバーやアラスカで何度かしたことはありますが、今回のヨットの度で一番多く捕ることができました。

crabing 3
"Red Rock Crab" <身が詰まったカニがたくさん!>

仕掛けは一番シンプルで安いもので、1000円ぐらいのもの。

餌(魚の頭)を仕掛けて、しばらく垂らしておきます。

30分ほど経って引き上げると、餌を食べていたカニが捕れてしまうというもの。

場所によって全く捕れないこともありますが、調子のいいときは一気に4匹掛かっていました。

捕れるカニは2種類で、Dungeness Crabというカニと Red Rock Crabというカニ。

商業的にも捕れて人気があるのがDungenessで、身が詰まっていて殻も割れやすく食べやすいです。

Red Rock Crabはハサミは大きいですが、小さい体の部分が食べにくいというのが弱点。身はこってりしてておいしいですよ。浅いところに多いようです。

crabing 2
<捌いた後の状態>

ちなみに北米の一般の人はカニみそを食べる習慣はありません。(カニの汚物と思われていて、ゴミとして扱われます。)

以前はこちらでカニを捕るとカニみそが全てこちらに回ってきて、おいしそうに食べる姿を複雑な表情で見られていました。

しかし今回は全てのカニみそを廃棄。

こちらでは貝類やカニのみそに含まれている可能性のある毒性プランクトンがいて、

それを運悪く食べると吐いたり、おなかを壊したり、死に至ることもあります。

実際去年近郊のアラスカで死亡者が出ており、そのため今回も万が一のことを思って全て捨てざるをえませんでした。

僻地に浮かぶヨットの上では誰も助けてくれないのはわかっていますが、

大量の新鮮なカニみそが海の底に沈んでいく姿をみるのは、日本人としては情けなかったです。

crabing 1
<湯がくときれいな色になります。>

ちなみに今回は両方の種類のカニがとれ、そのまま湯がいて食べたり、

身を丁寧に取り出して、おにぎりに混ぜたりして食べました。

赤ちゃんジェスもカニは大好きで、たくさん食べていましたよ。

こちらにこられた際には、是非お試しください!

theme : 旅の写真
genre : 写真

Comment

Secret

プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。