「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十勝の仲間

北海道十勝にきています。

こちらでも北海道に住んでいた時の仲間の一部に会っています。

昨日は同じ写真家同志の宮本昌幸さん。(先日テレビにも出ていましたが、見逃してしまいました。。。)自然写真をする同世代の人間としてお互いがんばっていこうという話に自然となります。


そしてその夜はスローフードの湯浅優子さんのお宅へ。

以前何度か泊めてもらいましたが、懐かしく落ち着く場所です。そして優子さんに会うといつもほっとさせられるものがあります。

そこに来てくれたのが、雑誌スロウの斉藤裕人さん。

素敵で独特のイラストやアートを作る方で、僕のカレンダーも実は裕人さんが作ってくれています。

初めてお会いする家具を作る奥さんの季意子さんもつれてきてくれました!

(芸術家は芸術家と結婚するいい例ですね。)

今朝は優子さんの飼い犬2匹の散歩をしながら、農場の周りを歩いてきました。

farm inn

そして今日の夜はロッジラッキーフィールドへ。

fly.jpg

yosshi.jpg

本当の釣り吉である吉原拓志ことヨッシーと奥さんのなぎささん、そして愛娘のKちゃんが迎えてくれました。

Kちゃんは本当に大きくなった!明日ヨッシーが鹿討に連れていってくれる予定です。

明日の夜ようやく釧路方面に入る予定ですが、こうして北海道でもいろんな人に再会できて幸せです!

北海道懐かしいですし、やっぱり日本では一番落ち着く場所です。
スポンサーサイト

富良野のお米

今日は富良野で半日を過ごしました。

去年の初めにホワイトホースに旅行にきていたこのお二人。

大石さんお米
<富良野のお米と大石さんご夫妻。>

富良野でお米を作っている農家さんの素敵なご夫婦です。(大石農園のHPはこちら

札幌でのスライドショーにきてくれたのですが、今日は彼らを訪ねて富良野まで来ていました。

結婚と同時に家も大工さんと共同で自作し、2月〜10月はお米や野菜作りに精を出し、冬は海外の旅行に出かけるというライフスタイルです。

北海道やユーコン、アラスカに育った人やそこに惹かれて移住してくる人の多くには、一種独特の雰囲気があると思います。

どこかオープンで、自然の匂いがする温かさ。そんな匂いを彼らから感じていました。

将来は海外からの農業お手伝いのWWOOFerも受け入れたいといっていたお二人ですが、別れる際に手作りのお米までもらってしまいました。

タミー米
<素敵なパッケージのお米、ゆめぴりか>

北海道の大地で汗水たらして作ったものを頂いたことに感激です。(大石さん、おいしく頂きますね。)

やっぱり人との出会いや繋がりはいいものです。

今度またホワイトホースで会う約束をして別れたところです。。。

北海道

今年も北海道へ帰ってくることができました。

北海道にくると、なぜか帰ってきた!とう思いになります。

千歳に着陸する寸前に、タミーも同じ気持ちになっていたようでした。

札幌のスライドショーも無事終わりました。

イラストレーターのすずきももさんに手伝って頂いたり、冒険家の荻田泰永さん(10年以上前に冒険家の大場満郎さんのところで出会い、北海道鶴居時代以来の再会です。)、他の札幌の友人たちとも再会でき、とても楽しい時間となりました。手伝って頂いたモモさん、Kちゃんありがとう。


荻田さん 札幌
<極地冒険家の荻田さんと。最初に会ってから時間が経ちました!もうお互いよい年です。。。>

今は車で移動しながら道東を目指しています。

富良野、十勝で友人たちに会ったのち、釧路、そして鶴居の山小屋へと向かいます。

毎年帰ってくる為に作った山小屋ですが、今回も1週間ほど滞在の予定です。

日本再発見の旅

帰国してからしばらく経ちました。

その間に関西や関東にてお世話になった人たちや友人と再会したり。。。

毎日忙しくも楽しい日々が続いています。

おいしい日本料理もたらふく食べて、本来は健康食である日本食で少し太ってしまいました。
(また極寒のユーコンに帰るとまた痩せるとたかをくくっていますが。)

tami.jpg<京都の大原にて。写真からはわかりませんが、足湯に入ってコーヒーを飲んでいるところ。>

合間をぬって、タミーとともに僅かですが日本の良いところも見ようとしています。

三木で友人の御神輿祭りを見たり、京都の大原の日本の原風景的な里山に出かけたりしました。

北海道でも今回は意識的にもっとゆとりのある時間をとるように計画しています。

ここ10年ずっと移動続きの生活で忙しくしていた為、正直2人で落ち着いてゆっくりとする時間やお金がほとんど持てずにいました。いつも無理をきいてくれるタミーに対する、少しばかりの恩返しのつもりでもあります。

極北ユーコンをベースに暮らす今、日本は僕の故郷であり、タミーにとっては一番身近な異国かもしれません。

帰国に合わせて、普段は見ることのできないこの国のかたちや文化を理解しようとしているところです。

毎年続いていく日本帰国の旅だと思いますが、少しずつ新たな日本再発見があるといいな。。。そう思っているこの頃です。

2015年 極北カレンダー&ドールシープ写真集 販売

制作中であったカレンダーが届きました。

2015年版の「極北カレンダー」。

例年通り「表と裏」の構成になっています。

表はやはりドールシープ(ユーコンの野生の羊)。来年は待ちに待った羊年!立派な角の雄を選びました。

裏は凍った北極海のアイスロードでオーロラを眺める姿です。

今年は2015年の12月までだけでなく、2016年の4月までのカレンダーも含んでいますので、少し長く使えますよ。お値段も例年のものより値下げしています。

(写真をクリックすると拡大します。カレンダー実物はA3より少し大きなサイズです。)

◎ 上村知弘カレンダー2015 ◎

calendar sheep 2015
Tomohiro Uemura Photography " Dall Sheep Ram" Kluane National Park, Yukon, Canada
<野生の羊・ドールシープの雄>カナダ・ユーコン準州 クルアニ国立公園

カレンダー アイスロード2015
Tomohiro Uemura Photography "Aurora over the Ice Road" Tuktoyaktuk, NWT, Canada 
<凍った北極海のアイスロード上にて、オーロラを眺める。> 
カナダ・ノースウェスト準州のタクトヤクタック付近にて

◎◎カレンダー:1部 1450円 (税込み)2部以上 1100円 (税込み)/1部につき

送料:*カレンダー1部 140円 (筒型容器に梱包)
   *カレンダー2部以上 300円 (厚紙に包んで梱包)

ドールシープの写真集もしばらく販売します。サインをしたものをお送りします。

◎◎写真集 (サイン付き) :1部 1620円(税込み)

送料:*カレンダー同時購入の方 無料
   *写真集のみ 1部:300円 2部以上 無料

**カレンダーと写真集を同時にご注文の場合は、基本的に別送となります。
(同時に梱包できる場合にのみ同封致します。)


Dall Sheep Book HP Larger

◎◎ご注文フォーム◎
<下記フォームのお問い合せ内容に、カレンダーと写真集のご注文数を記入してください。>



<極北の野生の羊 ドールシープ写真集>

上記のご注文フォームからご注文ください。
ご注文の流れとしてはこちらです。

1.ご注文フォームを送信して頂く。
  フォームが届き次第、ご返信致します。(お振込情報もお送りします。)
2.日本から発送を開始します。
3.到着後、お振込をお願いします。
4.お振込確認後、メールにてご連絡致します。

*カナダを含めた海外からのご注文の方は、お振込以外のお支払方法をフォームのメッセージ欄にてご相談ください。追ってメール致します。
*売り切れ次第お知らせ致します。
*返品は不良品のみの場合に受付致します。不良品発送の場合はお手数をおかけしますが、交換致します。
(送料はこちらがお支払します。)

ご注文お待ちしています。

スモークサーモン作り バンクーバーの実家にて

1年ぶりに、バンクーバーを滞在して日本に帰国をしました。

タミーの実家はバンクーバーで、帰国前に少し寄ってところ。

ここに滞在する度に、タミーのお父さんがサーモンをごちそうしてくれます。

彼はクロアチア出身のサーモン漁師ですが、最近はサーモン自体の量が減って来ているそうです。

それでも今年は4年に1度の紅鮭の当たり年。

8月にはカナダのニュースになっていて、お父さんとタミーの弟さん2人がサーモン漁をする姿が放送されていました。(リンクはこちら。サケにキスをしているのがタミーの弟さん。船の名前はNikki Brian)

新鮮なサケをさばき、今回は共にスモークサーモンを作りました。

Yukon Tour 20144

Yukon Tour 20145

Yukon Tour 20141

タミーのお父さんが作るスモークサーモンは本当においしいのですが、うまさの秘訣があるようです。

まずはもちろんサーモンの新鮮さ。

そして粗塩と黒砂糖による味付け。

最後に一番重要なのが、10時間ほどかけて行うスモーク。

チップはいろいろ混ざったものを利用しています。

Yukon Tour 20143

Yukon Tour 20142

2年前にまねをして作ってみましたが、スモークの過程を間違えてドライでガチゴチなスモークサーモンになってしまいました。。。

今回はおいしく出来上がったスモークサーモン。

ユーコンにスモーカーを2つ持っていますので、来年こそはおいしいスモークサーモンたくさん作ってみせます!
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。