「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬ぞり 再び山の上へ

今週もまた犬ぞりにいってきました。

最近はずっと暖かい天気が続いていて、犬にとっては暑すぎる気温です。

人間が冬のコートを纏いながら走るようなものですからね。

フィッシュレイク犬ぞり2

今回は裏山を登るコースをいってきました。

じわじわと坂道を犬と登っていき、出発から1時間半から2時間ほどで頂上へ。

大きな湖が見渡せます。

フィッシュレイク犬ぞり1

この湖も例年犬を連れて走りますが、今は雪が少なく氷むき出しの状態。

シーズン初めは記録的な雪が降りましたが、今は逆の状態です。

これも異常気象なのでしょうか??

気づけばもう3月中旬。

冬もあと1ヶ月もすると終わりです。

ドールシープの写真集も大詰めで、あとは色校正をして送り返すのみ。

そして4月の頭には北極海の凍ったアイスロードへと出かける予定です。

夏はカヌー旅行やアラスカの旅などだんだんと予定が具体化してきました。

終わると思うと淋しい冬ですが、犬ぞりに釣りにと楽しみます!

フィッシュレイク犬ぞり3
スポンサーサイト

犬ぞり日和 山へ

昨日は心地良い犬ぞり日和。

犬たちを連れて、山の上まで犬ぞりをして走ってきました。

ascent3.jpg
<我がチームリーダー犬のベガとローガン>

1週間前の犬ぞりではソリから落ちて、顔と手を打って軽い切り傷ができたばかり。。。

雪が降っておらずツルツルになったトレイルを慎重にいきました。

山を登っていく際にはこちらも下りて、ソリを押しながら上がっていきます。

ascent2.jpg
<山を犬とともに上ってゆく>

ホワイトホース近くの山の上に立つと、周りの原野が見渡すことができかなりきれいなもの。

凍った川や湖、白くなった谷間や山々がよく見えます。

原野の中にぽつんとあるホワイトホース。

外から見ると、Wilderness City=「原野の街」と呼ばれているのがよくわかります。

アッセント1
<山の頂上へ。。。>

昨日は何事もなく、楽しく走って帰ってこれました。

気温もちょうど良く、まさに犬ぞり日和でした。

うまく行く時は、犬ぞりはやっぱり楽しいものです!

theme : 動物の写真
genre : 写真

Fish Now Work Later -Yukon-

先日また行ってきました、アイスフィッシング。

今回は釣り仲間共同で買ったばかりのモーター付きの氷穴あけ機も登場。

ドールシープ 本005

ドールシープ 本002

今まで汗ばんでようやく開けていた氷の穴が、魔法のようにどんどん開いていきます。

一度文明の味を味わうと、手で開けるのが億劫となるもの。

文明の進化は怖いですね。。。

さて、お目当てはパイクという獰猛な魚です。

小魚から小動物まで食べてしまうという魚ですが、見た目に反して食べるとなかなかいけるもの。

引きもいいため釣っていて面白い魚です。

一番先にあたりがあったのが僕の竿。

まずますのサイズのパイクが上がってきました。

ドールシープ 本003

釣り上げたパイクを捌いていると、Kの竿にヒット。

かなり大きなパイクが氷の穴から上がってきましたが、あと少しというところで針が外れてしまいました。

それでもかなり大きいため、穴に挟まったような状態で口をぱっくり開けているパイク。

エラの後ろにすばやく手をいれて、そのまま氷の上までランディング。

Kにとっての初パイクはどでかいものとなりました!

ドールシープ 本001

ドールシープ 本004

Kが買ってオフィスに貼っていたステッカー。

Fish Now Work Later -Yukon-...

今釣りして、後で働きなさい ーユーコンー

訳すとそんな感じでしょうか。

決してユーコンの人は働かない訳ではないですが、Fish Nowという気持ちはわかりますね。

今度はどでかいレイクトラウトを狙ってきます。
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。