「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の瀬 2012を終えて

今年もあと少しとなりました。

カナダ・ユーコンはまだ30日の夜ですが、日本はもう大晦日ですね。

もうあと1日で今年も終わりです。

ゲルの建設、日本での帰国、写真展、原野ウィンド川のカヌーの旅、ガイドビジネス立ち上げ、オールドクロウに南東アラスカ。。。

今年も本当によく動き回りました。

その時々は忙しさと楽しさで必死ですが、こうして振り返ってみると充実していた1年でした。

皆さんよいお年をお迎えください!

極北ユーコンより

上村知弘

sheep tasogare
"Looking ahead" <9月のドールシープ。クルアニ国立公園にて。>
スポンサーサイト

theme : 野生動物
genre : 写真

月夜のオーロラ

久々にオーロラを見ました。

月がかなり明るかったですが、オーロラが薄らと出ていました。

昨日の夜は再び本多有香さんのスライドショー。

その後にゆっくりとオーロラがでてきてくれました。

今年残すところもあと2日。

1年は終わってしまうと本当にあっという間の出来事ですね。

年の瀬に見るゆらゆらと揺れるオーロラ。

薄かったですが楽しめました。

aurora signpost
"Aurora Borealis Under the FullMoon"<観光用のティピーとサインポスト>

theme : オーロラ
genre : 写真

クリスマスを終えて 

クリスマスが終わり、街にまた活気が戻ってきました。

家主たちとゲルでお食事をしたり、夕食に招かれたり。。。

20頭の犬達も、クリスマス用のビーフの骨をもらった特別な日でした。

yuka presentaion 2

クリスマスの夜は仕事でオーロラ鑑賞施設へ行ってきました。

去年ユーコンクエストを完走した本多有香さん。

彼女が今年もスライドショーをしにやってきてくれました。

yuka presentation
<引退した犬を連れてきてくれました。>

オーロラは出なかったようですが、犬と触れ合ったり彼女のお話を聞いたりして楽しそうにしていました。

彼女が出ていた日本の12月の番組(動画のリンク)を今日見ましたが、本当にひたむきですね。

こちらも勇気が湧いてきますし、心から応援したい人のひとりです。

12月28日にもう一度彼女のスライドショーを行ってきます!

yuka presentation3
<レース用のソリの説明。数十万にもなるとか。。。皆興味津々です。>

ユーコンのクリスマスイブ

夜中の12時となり、ユーコンでもクリスマスイブになりました。

今まではオーロラガイドで一番忙しかったこの季節。

今年はポジションが違うこともあり、久々にこの時期に自分やパートナーとの時間が持てそうです。

明日の予定は薪割りと犬ぞり。。。思う存分外で楽しんできます。

そして夜はささやかな夕食会。クリスマスは家族や友人と過ごすのがこちらの習慣です。

割った薪でゲストを暖め、ゲルの中で丸くなってご飯を食べる予定です。

firewood at Christmas eve
<先日直してきた薪ストーブのドアガラス。後ろにはタミーが飾ったシンプルなクリスマスライト>

夜の薪割り ー冬至を迎えてー

ようやく冬至がやってきました!

朝7時頃に起きて外にトイレにいくと星空が広がっている極北の冬。

夕方には既に日が暮れていて、帰宅時には真っ暗な状態です。

今日は家(ゲルを家と呼べればの話ですが。)に帰った途端に犬のケンカが始まりました。

ヘッドランプをつけながら犬の状態をチェックし、そのまま餌やりと掃除へ。

その後は毎日の日課である暗闇の中の薪割りを始めました。

night woodchopping
<ヘッドランプをつけながらせっせと薪割りを。薪はゲル生活の生命線。>

お昼は仕事で出ているので、自分の用事となるとどうしても暗い中の作業となるこの頃です。

そんな極北の冬の短い日照時間も明日から逆転です。。。

ここから気分は一気に春へ!

来年はなにをしようか。。。

撮影に、カヌーに、フィッシングに。。。太陽の光と共に夢が大きく広がっていきます。

theme : 何気ない日常の写真
genre : 写真

ソリ犬も寒くなる

今日の気温はマイナス28度。

最近気温をずっと気にする毎日ですが、今日はマイナス30℃を切ったせいか少し安心感がありました。

20頭のソリ犬達はといいますと、彼らもきちんと寒さの限度が分かっているようです。

マイナス30℃以下になると小屋の中で丸まったまま。。。

いつもは人間がくると騒ぐのに全く動く様子が感じられません。

藁を敷いてあげているので、その上で丸くなっているのでしょう。

大きな犬小屋には4頭位かたまって寝ていたりしますよ。

vega.jpg
<看板犬?のベガちゃん。賢くかわいらしい顔をしています。>

今週は寒すぎて犬ぞりで来ませんでしたが来週はどうでしょうか?

ソリに乗って駆け抜ける爽快感。

犬の世話には手がかかりますが、共に走る楽しさは変えがたいものです。

theme : 犬の写真
genre : 写真

ゲル内の文明開化

ユーコンの暗い冬の夜、外はマイナス32℃です。

昨日はマイナス35℃に戻り、ユーコン内ではマイナス46℃の街もありました。

寒波が再びやってきています。

こういう寒い時に限ってですが、先日薪ストーブのドアのガラスを割ってしまいました。

ガラスがなければうまく薪が燃やすことができませんので、すぐにゲル内は凍ってしまいます。
(修理から帰ってくるとタミーが布団にくるまっていました。。。)

おまけに薪を切る為のチェーンソーが最近調子がよくありません。

だましだまし切っていたため、いつまで経っても予備の薪が溜らない状態。。。

ストーブのガラスは20センチ四方の小さなものですが、耐熱セラミックのため修理代に2万円!
街のガラス屋さんですぐに修理してくれただけでも助かりましたが。
(ユーコンはなんでも時間がかかりますからね。。。修理に1週間だとこちらはかちこちに凍ってしまいます。)

チェーンソーももっと大きなものが必要ということで、今日また新しいしっかりとしたものを購入してきました。

これで時間の空いた隙を狙って、薪を思う存分切りたいと思います。

そして今日の個人的に大きな出来事。。。それはインターネットがようやくゲル内で使えるようになったということ。

computer in yurt
<ゲルにネット環境がやってきた!>

思えばユーコンに居た間2004年から3年、そして2011年から1年半ほど自分でネットを持った環境がありませんでした。(鶴居時代もISDNと恐ろしく遅いもの。メール送信中に片手で本を読んでいたぐらいです。)

いつもメールチェックやブログ更新、FM釧路の収録の際にはわざわざ街まで出かけていました。

図書館、ホステル、スタバにマクドナルド。。。

使えるネット環境があるところであればどこでもいっていましたが、今日からはそんなネット探しの放浪の旅も終わりです。これで少しは生活が楽になるでしょうか(笑)?
もっとブログも更新できるといいのですが。。。

もちろん電話線が通っていませんので、無線で飛ばした携帯電話の線を使ってネット通信をしています。

水回りなし、薪ストーブやボットントイレのローテクなゲル暮らしに、無線を使ったハイテクのネット環境。

あまりに対照的な姿ですが、薪ストーブでゲル内が温かい限りはコンピューターは動き続けてくれます!

ということで初めてのゲル内からのブログアップでした。

薪をくべて、外で星を眺めながらトイレにいき、明日に備えて床につきます。。。

犬20頭、人6人の家族写真

犬20頭、人間6人。

これが今の僕と妻タミーの「ユーコン家族」です。

ゲルを建てて同じ敷地で暮らしている仲間ですが、家主のボーイフレンドのイアンが素晴らしい写真作品を作ってくれました。

family photo dogs 2012 blog
"Thank you so much for creating this awesome photo, Ian!! Ian Stewart 2012"

人と犬を1頭ずつ配置して撮り、後で全てを合わせて加工した「家族写真」です。

犬達はほとんど必要がなくなった犬達で、2頭の犬は目が見えていません。

他の犬達もそれぞれ個性があり、どの子もそれぞれのかわいさがあります。

6人の人はといいますとこれがまた個性的。。。

家主のジェネシー(左のピンクを服)はフォトジャーナリスト。今年は世界を飛び回り、中央アジア、中東、南米と7ヶ月間飛び回っていました。犬と会えず淋しそうにしていましたが、10日前ほどに帰国。おかえりなさい!

ジェネシーのボーイフレンド(ヒョウ柄)のイアンは地元の新聞のフォトグラファー。
この写真も作ってくれました。なかなか二人ともファンキーで面白い格好してますね。(もちろん撮影用ですが。)

右上の女性二人はアーティスト、
左のモイラは劇場アーティストで、劇をしながら暮らしています。(ラジオ局などでアルバイト。)
右のケイトはミュージシャンで、地元でポップでカントリーなCDを何枚かを出しています。(なにかしらのバイトをしながら食べつないでます。)

そしてタミーと僕。タミーはお姉さんのドナのお仕事を助けたり、僕を助けてくれたり。
僕はガイドをしながらアウトドアを楽しんだり、写真に励んだり。。。

家主以外は皆水もポリタンクで汲んでいてシャワーのない暮らし&薪ストーブの暮らしをしていますが、
皆自分の納得いく方向を探しながら暮らしています。
そしてそんなバラバラな?人間をまとめてくれるのが20頭の犬達。
皆で都合をつけながら餌をやったり、掃除をしたり、かわいがったり、犬ぞりをしたり。。。
彼らのお陰で繋がった家族がここにあります。

しばらくはここで犬達や仲間と楽しく関わりながら生きていきたいと思います。

2012年のクリスマスカードとして作ってくれたイアン、どうもありがとう!




極北の冬 

今日の一日で随分と温かくなりました。

朝はマイナス18℃。

風が強かったので体感温度は寒かったですが、夜の今はマイナス10℃です。

このくらいになると温かく感じるので、人間の体の順応はすごいですよね。

cessna sunlit
"A Cessna Plane, Yukon, Canada" <機体にも毛布が被さっていました。>

今朝はガイドのお仕事で、セスナ機のある飛行場まで行ってきました。

今回は乗ることはなかったですが、朝10時出発時にちょうど朝日が昇ってきました。

極北の冬、人は常に気温と日照時間を気にしながら生きています。

「冬を何度か越さないと極北の人とは認められない。。。」そういう話をこちらでは聞きます。

この冬があってこそのあの夏の輝きがあるのかもしれません。

冬至が近づいていますが、一年で最も日が短い日を越すと心は春と夏に少しずつ向かっていきます。

明日は一日薪割りを、そして明後日はどこか郊外で冬の自然を堪能できればと思っているところです。

theme : 季節の風景
genre : 写真

マイナス37度

寒い日がずっと続いています。

温かいところが好きな妻のタミーは「ハワイやメキシコに行きたい!」といいながら嘆いている次第です。

毎年同じことを言うので聞き飽きてしまいましたが、確かにこの寒波は少し長いですね。

今日は起きて外の温度計を見てみるとマイナス35度。

ユーコン川沿いに車を走らせましたが、川の側はさらに寒くマイナス37度。

だんだんとー40℃に近づいてきました。。。

tam with sled
<犬ぞり後ソリを片付けるタミー>

と思っていましたが、天気予報ではどうやらもうすぐ温かくなるようです。

来週月曜日にはマイナス3℃から5℃にまで上がるようですが、こうなると拍子抜けですね。

そんなに温まると汗が出るんじゃないの?

そうオーストラリアからの訪問客に言われましたが、一気に30℃ほど上がると体もショックですね。

これをいい機に外に少し遊びにいきたいとは思っています。

theme : 何気ない日常の写真
genre : 写真

なきうさぎ

長い長いユーコンの冬。。。

最近は朝起きても空には星がありますし、家に帰ってきても夜空になっています。

もう少しで冬至がやってきますが、今が一年で一番暗い時期ですね。

さて今年の夏も遊びと仕事を混ぜてたくさん楽しいことをやりました。

せっかく移住したのだから自分のやりたいことをやっていきたい。

いつもそう思っていますが、やはり夏が思い切り極北を楽しむ時間となっているここ2年ほどです。

山にもいくつか登りましたが、今年は違う場所でナキウサギに2頭出会いました。

甲高い声を出して登ってくるこちらを警戒しています。

ちらっと出てきては葉っぱを食べたり、こちらをみたり。。。

かわいいものがありますね。

北海道の十勝にもいるようですが、鳴き声だけしか聞こえませんでした。

旧大陸と新大陸で共通した動物がいますが、なきうさぎもそのうちの一つです。

大陸が繋がっていた時代に移動したのでしょう。

こんな小さな生き物ですが、クルアニの氷原の上でもたくましく生きているようですよ。

こんな寒い冬の時期はどうしているのでしょうか。

きっと夏に蓄えた草で生き延びているのでしょう。。。

pika kluane
"Pika" - Kluane National Park, Yukon, Canada -

theme : 野生動物
genre : 写真

犬ぞりの季節

ようやくやってきました、本格的な犬ぞりの季節!

久々の休みを利用して、昨日敷地内の皆と犬ぞりにいってきました。

外はマイナス25、26度ほど。

先日のマイナス30度よりは少し「温かく」なりました。

たかだか5度ほどの違いですが、体感温度はかなり違います。

ソリを4台用意し、20頭のソリにハーネスとブーティー(犬用の靴下。足が雪玉で割れるのを防ぐため)をつけていざ出発。

qweqwe frozen face
<よく走るクエクエちゃん。頭いいです。>

森の中をひたすら進んでいきました。

昨日のコースは約16キロ。

犬ぞりといっても、登り坂がある度に人間はソリから降りて走ります。

最近はたいした有酸素運動もしていなかったなまけた体。。。

息を切らしながら走ってついていきました。

情けない人間に比べると犬の体力は驚異的なものですね。

愛らしさといい、体力といい、犬はなんて素晴らしい生き物なのか。。。

つくづくそう思います。

世話をしている20頭のうちのほとんどが、いらなくなって貰われてきた犬達。


dogsled surface of moon
<雪原の上で一休み。>

そのうちの2頭は目が病気でなくなり、完全に盲目のまま走っています。

犬と触れ合うと単純な生きる喜びを感じますね。

今年の冬はどれだけ共に走れるでしょうか。。。

時間を見つけて、なるべく犬ぞりを走らせたいと思っています。

tomo frozen fur
<犬もこちらも顔の周りは凍った状態。毛皮帽子が白髪のように!?>

theme : 犬の写真
genre : 写真

2013年カレンダー&ドールシープ・フォトブック販売

ようやく準備ができました。
待っていてくださった方、お待たせ致しました。
ようやく2013年極北カレンダー & ドールシープ・ポストカードフォトブック」の販売開始です。

*写真をクリックすると多少は拡大します。カレンダー実物はA3より少し大きなサイズです。

calendar omote blog 1000
Tomohiro Uemura Photography " Dall Sheep" Kluane National Park, Yukon, Canada
<出産後まもない野生の羊ドールシープの親子>カナダ・ユーコン準州 クルアニ国立公園

calendar ura blog 1000
Tomohiro Uemura Photography "Aurora Borealis" Whitehorse, Yukon, Canada 
<極北の夜空に舞うオーロラ> カナダ・ユーコン準州 ホワイトホース



◎◎カレンダー&フォトブックご注文フォーム◎◎(こちらをクリックしてください。)

上記のご注文フォームからご注文ください。
ご注文の流れとしてはこちらです。

1.ご注文フォームを送信して頂く。
2.日本から発送を開始します。
3.こちらからお振込先情報のメールをお送りします。
4.到着後、お振込をお願いします。
5.お振込確認後、メールにてご連絡致します。

*カナダを含めた海外からのご注文の方は、お振込以外のお支払方法をフォームのメッセージ欄にてご相談ください。追ってメール致します。

お値段はこちらです。(全て税金を含みます。)

カレンダー 1部2000円 
ポストカードフォトブック 1部1500円

カレンダー&フォトブックセット 1部ずつのセット価格 3000円

*ご注文お待ちしています!
*発行部数が限られていますので、売り切れ次第お知らせします。ご理解ください。。。
*返品は不良品のみの場合に受付致します。不良品発送の場合はお手数をおかけしますが、交換致します。
 (送料はこちらがお支払します。)

送料 

カレンダー1部もしくは2部 140円 (筒型容器に梱包)
カレンダー3部以上 290円 (厚紙に包んで梱包)
カレンダー1部&フォトブック1部  (厚紙に包んで梱包)290円
(訂正)フォトブックのみ1部 200円 1部以上 250円
その他の組み合わせ、多くのご注文は、今回は全て290円にて発送致します。

*ドールシープ・ポストカードフォトブックです。(日本語&英語 Both In Japanse & English)
写真の部分に切れ目が入っており、ポストカードとして使えるような仕組みになっています。
写真を拡大すると、少し大きな画像を見ることができます。

photobook cover sm
<表表紙>

photobook cover ura sm
<まえがき>

photobook photo1 sm

photobook photo2 sm

photobook photo3 sm

photobook photo4 sm

photobook photo5 sm

photobook photo6 sm

photobook photo7 sm

photobook photo8 sm

photobook photo9 sm

photobook photo10 sm

photobook back ura sm
<あとがき>
photobook postcard sm
<ポストカードサンプル>
photobook back sm
<裏表紙>

sheep photobook on desk

ご注文お待ちしていまーす!
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。