「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釧路湿原

休みの間に道東を探索し始めました。

初めて鶴居村に来たのが、11月。

紅葉が終わった後に来たので、記憶にあるここの風景は、枯れた色と白い雪景色しかありませんでした。

冬が、終わり春が来た今、だんだんと緑の草が生え始めています。

湿原が多いこの地域では、美しい花がたくさん咲くそうです。

あまり今まで見てこなかった花を、一度よく勉強して、写真にも少しずつおさめていきたいなと思っているところです。

動物たちも、春を待ちわびていたのでしょう。急がしそうに動いています。


shibecha crane rs

巣作りの合間に食事をとる夫婦の鶴を見つけました。川沿いの湿地で一生懸命泥の中から食べ物探しています。忙しくなる子育て直前の今、食べるのに忙しいのでしょう。

blind fox rs

キツネも食事を求めて動きまわります。このキツネ、病気のせいか目がひらきません。それでも幸運にも動物の死骸を探し当て、一生懸命食べていました。

kushiro marsh deer rs

そして北海道にたくさんいるといわれているエゾシカ。
去年生まれた子供も大きくなってお母さんの後を追っています。

春はもうすぐそこにきている北海道。生命が爆発する予兆があちらこちらでみられます。

北国の一年の中でも、いちばんうれしくなる時期かもしれません。

今年の春夏は、あちこち動きまわります!
スポンサーサイト

野付半島

週末一日だけでしたが、出かけてきました。

行った先の一つが野付半島という砂嘴(さし)で、国後島までその距離16kmという場所です。

両端すぐそこに海という道路を通ってゆくと、目当てのトドワラが見えてきました。

トドマツが枯れた状態で沖の湿地に立っていました。

そこに暮れて行く夕日を待って、写真におさめてきました。


日が暮れた帰り道。写真を撮り終えた後、暗い道を引き返すのが心細くなる時があります。

駐車場にたどり着き、車を走らせると二つの光が見えてきます。

左手には、たくさんの光が見える日本人の住む町。

そして右手には、ぽつぽつとまばらな光がともされた、ロシア人の住む国後島。

お互い暗くなったとき、相手の光をどうみているのでしょうね。

こんなに近いのに、そう簡単には渡れません。


春、夏になると花が咲き誇るらしい野付半島。

是非雪が完全に溶けてから、また写真を撮りに出かけたいと思います。

notsuke sunset


"Notsuke Sunset"<野付半島の夕暮れ。ゆっくりと沈んでゆく太陽>

theme : 夕焼けの写真
genre : 写真

さすらいの氷

釧路に霧が戻ってくるようになりました。

ここ鶴居でも、窓の外には霧が深く立ち込めている日が続いています。

21年ぶりに、流氷が釧路に接岸したと聞いて見に行きました。

流氷を覆うのは釧路の霧。

港街に霧って何故か似合います。

歴史的にさすらいの人が多い街だそうですが、シベリアからやってきた流氷も春になると去ってゆきます。

この氷のかけらでも拾ってきて、ウイスキーなんかを飲むと絵になるんでしょうね。

今宵はビールで我慢です。

seagull and ice float

"Ice Float in the Fog"<流氷と霧>

theme : 四季 -冬-
genre : 写真

鶴の求愛

春らしい日が続くようになってきました。

雪も随分と溶けてしまい、景色も空気も春の到来が感じられます。

冬の間街に集まっていた丹頂鶴も、本来の生息場所の湿原に帰り始めました。

冬の村の給仕場でとうもろこしをもらっている姿の鶴ばかりをみてきたのですが、

ようやく本当の野生の姿に帰った鶴を見ることが出来ました。

湿原の中を車で走るとカップルの姿を発見。

車から降りて、観察しているとこぉ、こぉと声を出し始めます。

始まったのは、交尾と求愛。

村の中で群れている鶴よりも、ただっぴろい湿原の中に居る鶴のようがよく似合います。

時間にしてたった2,3分の出来事でした。

これから卵を産み、30日程経った4月末から5月の始めに掛けて、雛が誕生するらしいです。

crane mating


"Japanese Crane Mating" <釧路湿原での丹頂の交尾>

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

知床と流氷 -国境を超えて-

アラスカから帰ってすぐ、知床に行きました。

この時期、シベリアでできた海の氷が流氷となってオホーツク海を多いつくします。

アラスカから日本に帰ってきたときに、機上からベーリング海が氷ついた様子が見えました。

北米から、ロシアのシベリア、そして北海道の近くを通って帰ってきた今回の飛行機の旅。

極北と北海道がばらばらな点だったのが、薄いひとつの線でつながったような気がします。

知床に行って驚いたのは、領土問題のある国後島がすぐそこにあるということ。

25KM先に現実としてロシア人の住む島がありました。

そして国境のない生き物。ロシアで繁殖したオオワシとオジロワシが日本の北海道に氷とともにやってきています。
eagles on ice


北国全般に惹かれますが、自分の祖国の土地を入れることで、その近さを感じたい。

それも北海道に来たひとつの理由です。

将来は外国に住む可能性が高いですが、いつもその土地の先にある広がりとつながりが意識できれば。

流れる氷を見ながら、そう強く感じました。

eagles on ice2


"Eagles on Shiretoko Ice"<流氷と共にシベリアからやってきたオオワシ、オジロワシ>

初めてのオーロラ

今回のアラスカからの写真です。

実は今回、アラスカに自分も含めて3人で行きました。

他の二人は極北が初めてで、そのうちの一人は海外初の人でした。

北極圏線(Arctic Circle)に行く道中、大きな山脈が見えてきた時です。

「あの山の名前は?」

一人が聞いた答えに、アラスカ在住の友人ガイドはあっさりと、

「名前はないよ。」

どちらも北海道の人たちでしたので、自然自体は似ている風景も多かったみたいですが、

スケールの大きさには圧倒されていました。

そして二人とも初めて見る極北の夜を舞う光、オーロラ。

「写真を撮ってくれ。」といいながら、ガッツポーズには思わず笑みがこぼれて、写真がぶれそうでした。

自分で自然の奥深くに入ってゆく旅ばかりをやりたくて、今までそういう感じのものを求めてきましたが、他の人と共有する旅というのもいいものです。

「またいきたい。」

そう言ってくれた退職した初海外おじさんのTさん。

今度は鯨や氷河も見にいきましょうね。

first aurora


"First Time"<初めてのオーロラ>

theme : オーロラ
genre : 写真

プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。