「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出発

やっと準備ができました。

これから北海道へ向かいます!

スポンサーサイト

空の住人

春に撮影したマウンテンゴートです。

カナディアンロッキーでは結構いるみたいですが、ユーコンでは生息域が限られているためか、あまり見かけることがありませんでした。

この二人はカップルでしょうか。仲良く二匹で座っていました。

ゆっくりと時間をかけて、近づいていきます。

最初は緊張していましたが、しばらくするとこちらの存在を受け入れてくれたのか、横になってお昼寝を始めました。

強風で冬に伸びた毛が時折空を舞っていた、何故かあの光景が頭に残っています。

20071024195519.jpg


"Goat on Cliff" <マウンテンゴート。シープと同様崖に住んでいます>

theme : 自然の写真
genre : 写真

パノラマ写真

写真の整理がようやく片付いてきました。

動物写真も好きですが、パノラマで広大な風景を撮るのもお気に入りの一つです。

写真は今年の夏にカヤックで旅をしたグレーシャーベイからです。

氷河が時折地震のような大きな音をたてて、海へと崩れていく。

そんな音を聞きながら、毎晩浜でテントを張って寝ていました。

そんな中でもひときわ美しかったのがこの海岸。一箇所にたくさんの色の花が咲き乱れていました。

20071024193932.jpg


"Flowers at Glacier Bay" <花の後ろに写る氷河。大きなの音で、地球を削りながら崩れてゆく。>

theme : 風景写真
genre : 写真

リンクス

やっと朝晩が涼しくなってきました。

ここ何日かは写真の整理に追われています。

春からたまったフィルムをかき集めて現像屋へもって行きました。

現像されたフィルムをひとつ一つ見ていきながら、マウントをし、デジタル画像になおしていきます。

時間はかかりますが、やっぱりうれしいのは難しい状況で撮った写真がきちんと撮れていたとき。

自然と笑みがこぼれてしまいます。

小さなスライドを見ながらにやにやしていて、傍からみると奇妙でしょうが、心の中ではその時の様子がはっきりと浮かび上がってくる。それが写真を撮る一つの楽しみかもしれません。


今回の収穫の一つはリンクスという動物。猫科の動物でなかなか人前には姿と出してくれません。見たい会いたいと願いつつ、3年が過ぎました。

そしてアラスカを発つ、数日前。ムースの狩りから(手ぶらで)帰ってくる途中、川の土手に座っていました。

隠れながらもじっとこちらの様子をうかがっていたリンクス。

突然の出現に心臓をバクバクさせながら、夢中で撮りました。

おたがいかくれんぼをすること約5分。

そして、もう飽きたのか。森の中にすっと消えていきました。

最後のやっと現れてくれたリンクス。

森からの贈り物だったと思います。

20071020192601.jpg


"Elusive Lynx" <茂みからこちらをじっと見るリンクス>

theme : 猫の写真
genre : 写真

極北のナヌー

映画、極北のナヌーを見てきました。

http://www.nanu.jp

10月6日に公開されたこの映画は、北極が舞台となった、シロクマとセイウチの物語です。

地球温暖化によって氷が溶け出し始めた北極。氷を頼りに生きてきた北極の生き物にとって、氷がないのはエサがないということを意味するみたいです。

今年の夏、ユーコンで面白い新聞記事がありました。表紙には、道路にきょとんと立っているシロクマが載っていました。

普段はいるはずのない、デンプスターハイウェイ沿いで発見されたシロクマ。感覚としては、北海道にいきなりシロクマが現れるぐらい、珍しいかもしれません。

おそらく食料をもとめて、ツンドラ地帯を越えて来たのでしょう。結局、睡眠薬を打たれて、また海までヘリコプターで戻されていました。

数年前に出会った、グリーランドのイヌイットも温暖化について頭を悩ませていました。

普段であれば冬に海が凍り、その上を犬ぞりを使ってハンティングに行くらしいのですが、氷が凍らなければ伝統的なアザラシ猟もできないと言っていました。

長い地球のサイクルでは地球も暖かくなったり、冷えたりしたりしているみたいです。ですが、最近ほんと世界のどこでもなんだか暖かくなってきているみたいです。やっぱり文明化のせいなんでしょうか?

まだまだ暑い日本。おかげでビールが飲みやすいですが、時間があったらこの映画を見てみるのもいいかもしれません。北極の氷とシロクマの赤ちゃんを見ながら涼むのも悪くありませんよ。

nanu_kabegami01_1024[1].jpg

プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。