「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"Dog Driver" 

先日行った犬ぞり。。。まだ余韻が残っています。

最近遊んだ中では、一番楽しく感動的だったあの日の犬ぞり。

genesee dogrun photo
<家主ジェネシーが撮ってくれた写真。タミーと僕が追いかけるところ>

ソリ犬たちの世話は毎日大変ですが、一度原野での爽快感、一体感を味わうと病み付きとなってしまいますね。

もともとうちの犬達は、必要がなくなった犬を貰ってきた子たちであること。

レースを真剣にしているマッシャー達には、必ずいらなくなった犬が発生しますし、

街にひとつある動物シェルターでも土地柄ハスキーミックスがいるようです。

それをもらい受けて、トレーニングをしていったのが家主さん。

全体的に年齢が高くなってきていますが、それでもこうして楽しく走れるのは素晴らしいことです。

この日も病気で目がない犬2頭を連れて走りにいきました。

彼らも見えはしていませんが、感覚でどこを走っているのかもわかりますし、

ソリ犬を載せる移動用トラックにも自ら乗っていきます。

vega_20130307123122.jpg
<凍った湖でランチ休憩。魚を食べたあとのごきげんベガちゃん。>

この日の犬ぞりに触発されて、中古の犬ぞり本を手に入れました。

dog driver book

"Dog Driver -A Guide For Serious Musher- (真剣に犬ぞりをするマッシャーへのガイド本)”とありますが、1990年にアラスカの原野に住む人によって書かれた本です。

ここの敷地でお世話になっている間は、もっと犬ぞりについて勉強します。

来年の冬こそは彼らを連れて、原野でキャンプでもしてみたいですね。。。
スポンサーサイト

theme : 犬の写真
genre : 写真

イヌイット文化 "People of the Feather"

今日は夜のお仕事の直前に、ホワイトホースで開かれている映画祭にいってきました。

お目当てはイヌイット文化のドキュメンタリー映画である"People of the Feather"。

http://www.peopleofafeather.com/

ケワタガモに依存して生きているカナダのヌナブト準州のイヌイットの姿を追った作品です。

現代と歴史が折り混ざった、文化的で環境問題も提起しているドキュメンタリーです。

彼らの視点からみた文明の歪みや現代社会への適応など、今の彼らの生活がうまく映し出されていました。

アザラシの解体のシーンなどを日常生活の一部としてあえて見せているのも共感できます。

彼らがいかに氷の生活に適応してきたのかが垣間見れます。

日本で発表されているかどうかわかりませんが、自然ドキュメンタリーが好きな方は見てください。

それにしても、広大なカナダにも多様な文化と自然がありますね。

写真展用ポストカードブック 完成

postcardbook facing

postcardbook postcard ura


印刷会社に依頼してポストカードブックを作っていたのですが、最近ようやく手元に届きました。

表部分ですが、右のポストカード部分が取り外して使えるようになっていて、

左側の小さな写真が、ミニテーブルブックとして手元に残るような仕掛けになっています。

写真は全部で16枚選び、写真展で使っているもの、使いたかったけど無理だったものなど、

極北と北海道の写真を集めました。

「ギャラリー銀座」の写真展会場で販売(1500円)する予定ですので、写真展に来ていただいた方、よろしければ記念にどうぞお買い求めください。

さて、ようやく最終準備が整いつつあります。

明日は一足先に、妻が東京へ旅立ちます。

会場へわざわざ足を運んできて下さる方、暑い日が続いているようですが、本当に感謝しております。

様々な方の支えがあってここまでこれました。

会場にて、妻タミーと共に心よりお待ちしています。

postcard crane

ガイアシンフォニー 第7番

先日鶴居村の友人から「ガイアシンフォニー 第7番」のお知らせがありました。

今までに3番、5番、6番を見ましたが、どれも素晴らしい作品でした。

自主上映会で見ることのできる映画ですが、釧路でも早速開催されます。

ドキュメンタリー映画 「地球交響曲 第7番 -全ての生命が潔く健やかに行き続けるために」

釧路上映会 2010年7月6日(火)
場所 釧路芸術館アートホール
上映時間 ①12:00 ②15:00 ③18:00
上映前には第6番に登場していた奈良裕之さんの即興演奏もあります。
お問い合わせ ジスイズ 0154-22-2519
前売り 2000円 当日 2500円
(チケット何枚か預かっています。欲しい方は上村まで連絡ください。)

今回も出演者が3人いますが、一番興味深いのは日本人の高野孝子さん。

以前は極地を冒険したりしていましたが、現在は環境教育に取り組んでいる方です。

直接お会いしたことはありませんが、自身が極地やカナダ行きを考えていた頃に相談させてもらった経緯があります。

高野さんの姿や活動や第7番全体を通して、新たなヒントを得たいと思っているところです。


エデンの彼方

今日は久々の本の紹介です。

eden.jpg


エデンの彼方 狩猟採集民・農耕民・人類の歴史


狩猟採集民の自然の見方やものの考え方、社会のありかたを、農耕民が築き上げてきた文化や社会と比較しながら人類史を見ていこう。

そういうたいそうな試みの本です。

カナダユーコンには確か4分の1ほどが先住民ですが、かの地で先生になるためには先住民(もともと近代以前は狩猟採集民)理解のコースを取らなければいけないみたいです。

そのコースの一環として読む本がこの本。

英語版はこちら
The Other Side of Eden: Hunters, Farmers and the Shaping of the World

他の人々からは誤解されがちな狩猟採集民の姿やものの考え方、現代文明で生きるジレンマや衝突がよく描かれています。

極北ユーコンでのオールドクローの先住民、それ以前にはタイのビルマ国境近くの先住民を訪ねたことがありますが、自分とは全く違った彼らの社会や文化についてずっと興味がありました。アメリカ大学時代には、なぜか「アイヌ文化」についての論文を書き、今この鶴居村の家にそのコピーが残っています。その頃は北海道にいったこともありませんでしたし、将来住むことになるとは思っていませんでしたが。。。

少数民族や狩猟採集民。彼らのものの見方。政治的には強いものに力でねじ伏せられてきた歴史。言葉や世界観、文化の喪失。世界規模で見ても、地域こそ違ってはいても、共通な現象が見られます。

この本を読むことにより一番何を感じたか。それは先住民になることでもなく、農耕民を否定することでもなく、本の紹介文にあるとおり、「人間としてより良く生きる道が見出せることを示唆している。」ことだと思います。

少々硬い本ですが、なかなかおもしろいですよ。
プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。