「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワイトホースに戻りました。

ホワイトホースに戻ってきました。

久々に犬の世話をし、4輪バギーで走らせてきました。

やっぱり犬はかわいいものです!

川から釣ってきた魚を老犬ゾロにあげると大喜び。

他の餌は食べたがらないゾロですが、野生の魚はぺろりと食べてしまいました。

庭に巣を作っていたキツツキ(Northern Flicker)の子供も良く育ち、巣立ち間近となっています。

今日は一日ユーコン川をカヌーで下ってきます。

flicker chick
"Northern Flicer Chick" <フリッカーの雛。かなり大きくなりました。育ち間近。>
スポンサーサイト

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

極北の春の声

ゲルの周りにあった雪もほとんど溶けました。

あとは少しの雪が残るのみ。

昨日の日中はドアをあけないと暑いくらいの春日和でした。

春になると外の仕事でも忙しくなります。

まずは納屋の片付け。

アウトドア用具や大工用具でいっぱいですが、去年は急いでゲルを作ったため中は整理仕切れず。

早速棚を作り、全てのものを仕分けました。

20頭ほどいる犬舎も雪が溶け、水と抜け毛と泥が混ざった状態になっています。

もう少しすれば乾いてきれいなのですが、今は掃除が大変です。

ゲル周りにも鳥がたくさん集まってきています。

新しく買ったハンティング用のブラインドの中に隠れながら鳥を撮影。

元気よく鳴くスズメ科の仲間、White-crowned Sparrowを撮りました。

鳴き声が"More More Cheesez Please!"に聞こえてかわいいものです。
(もっともっと*チージーズを頂戴!)
<*チージーズ=こちらでは有名なチーズ味のソース>

温かくなってきたので少しずつ遠出もしたいところです!

white-crowned sparrow blog
"Sign of Spring - White-crowned Sparrow-" <極北の春の声。雪が残る中元気に鳴いていました。>

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

隣りの池にて

春のゲル内には様々な鳥の音が聞こえ始めています。

白鳥の声がしたと思うと、天上の大きなスカイライトの上を通り過ぎていきました。

別途に横たわりながら見る白鳥。映画のようでした。

そして日中には新しい鳴き声。

冬の間にCDで聞いていた鳥の鳴き声に似ています。(声の主はLesser Yellowleg)

すぐ隣りの池に行ってみると、たくさんの水鳥が集まっていました。

least sandpiper blog
"Least Sandpiper"<どうやら小さなアメリカヒバリシギ。シギ類では一番小さいそうです。>

シギや鴨、今年は初めてみる真っ黒な鳥Rusty Blackbirdもいました。

ついこないだまで氷上を犬達と走っていた池とは思えません。

これから様々な鳥が渡ってくるのでしょうね。楽しみです。

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

春の鳥

今日も温かい一日となりました。

朝はまだマイナス気温で寒いですが、日中は15℃ほどまであがっています。

半袖シャツで過ごしていると、10日ほど前の完全防寒の犬ぞり体験が嘘のようです。

朝は鳥の鳴き声で目が覚めるここ2、3日。

温かくなってきたら、急に家の周りにたくさんの小鳥が現れはじめました。

White-crowned Sparrow, Dark-eyed junco, American Robin...

どれもさえずりを鳥類額のクラスで習ったものばかり。

皆お相手を探すのに必死のようです。

これからどんどん種類も増えていくのでしょうね。

bohemian blog re
"Bohemian Waxwing" <今年の冬から多くいたキレンジャク。当たり年のようでした。>

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

鳥のお勉強

今日は記念すべきガイドシーズン最終日!

長い長い冬のシーズンがようやく今日で終わりました。

これで気持ちは夏に向かっていきます。

今日はちょうど近くで鳥のイベントがあったので出かけてきました。

近くの湖でたくさんの白鳥や鴨を見た後に、バンディング(識別環をつける作業)のデモストレーションがありました。

霞網をセットし、野鳥の係の人が鳥が網にかかるのを待っていました。

mist net
<鳥にも見えにくい霞網。英語では Mist Net. そのままですね。バックは凍った湖。>

30分ほど待って掛かった鳥がかかりました。

小さなかわいいベニヒワが3羽が網から外され、小さな袋の中に入れられます。

体重、性別、年齢や健康状態を調べた後に、環を足につけて放しました。

banding3.jpg
<羽を広げてチェックを受けているところ。いきなり捕まって驚いているはずです。。。>

以前ここユーコンで捕まえられたものが南米コロンビアで見つかった例もあるらしく、

バンディングによって鳥の季節移動パターンやルートを調べるようです。

ちょうどここ何日か鳥類学のクラスの期末試験の為に、時間を見ては詰め込み勉強をしていたところ。

たくさん覚えなければいけないラテン語の種目名や鳥の生態など、頭の中が鳥でいっぱいでした。

教科書から離れて実際にこうして鳥をみると勉強にも力が入りますね。

今からは様々な鳥がここ極北に入ってくる季節です。

banding.jpg
<美しいベニヒワ。2種類がいて、寒い冬でもこちらで過ごしている鳥です。>

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。