「Life in the North」           ◎インフォメーション◎
ブログアドレスを移動しました。(新規ブログ tNt Nature Connections)

tNt Nature Connections Blog

FB_FindUsOnFacebook-144.png Facebookページも定期的に更新中です。


◎ドールシープ写真集販売
WWFのパンダショップでも販売されています。 WWFのパンダショップ

丸善&ジュンク堂のネットサイトからも販売されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼とカメラ ー「当たり前の世界」を見るー

以前目が一時見えなくなったことがあります。

昨日久々に出かけたダウンタウンの眼科にて、過去の眼の病気のことを聞かれました。

20代の前半、知り合いのイヌイットがいたグリーンランドへの旅の資金稼ぎをしていた時。

車を運転していると、突然小さな玉が眼の中をピンボールのように走るようになりました。

そのまま視力が落ちていき、コンタクトや眼鏡をしても見えない状態。

大きな病院でも原因がわからず、日常生活もままならないまま実家にこもち、この先のことを考えていたのを覚えています。

1ヶ月ほど過ぎた頃だったでしょうか。

視力が突然戻ってきました。

時は過ぎて北海道の釧路の小さな眼科に行った時のこと。

お医者さんが、こちらが言いもしないのに、眼の病気を煩ったことがあるのかと聞いてきました。

大きな総合病院でも分からなかった病名が、街の小さなお医者さんによって初めてわかりました。

あれから10年も過ぎましたが、幸いずっと眼が見え続けています。

病気後世界を見る目が変わったかというと、正直たいして今までは深く考えたことがありませんでした。

昨日眼科にて眼の裏の写真を撮ってもらい、昔の炎症の跡をじっくりと眺めました。

全てが経験できるのも、健康な体があってこそ。

よく言われることですが、当たり前と思っていることを今一度思い出すことができた一日でした。

この影響かはわかりませんが、たった今白黒のフィルムを注文したところです。

カメラを通して、じっくりと深く刻まれた人や社会、自然の様子を見ていきたい。

ずっとそう思っていたものの、お気に入りのフィルムカメラずっと遠ざかっていました。。。

フィルムならではの感覚で、今一度新たに世界を見直したいと思います。


写真をやる以前に、世界が実在し、その様子が眼で見えること。

眼が見えたら、その眼でじっくりと世界の物事を見て体験し、理解しようとすること。

余裕があれば、カメラという媒体を通して、映像を焼き付けること。

そして他人の生活や他の生命を撮ったのであれば、可能な範囲で自分のものだけとして溜め込まず、
他の人たちと共有すること。。。。

世界を見ることや写真を撮ることに対して、もっとストレートに、根源的なものを見つめ直したいと思いました。

当たり前のものを再認識したとき、世界が違って見えるでしょうか。

salmon bw
<穫れたばかりのサーモンを捌く。カナダ極北グイッチン族の古老、スティーブのキャンプにて。>









スポンサーサイト

theme : 旅の写真
genre : 写真

冬の極北からの知らせ

一日の充実したガイドを終えた先ほど、

ユーコン準州・オールドクローのエディスおばあちゃんが亡くなったと聞きました。

昨年暮れに僕の滞在中に88歳になったおばあちゃん。

老衰していたとはいえ、さすがにショックです。

これでまた1つの時代が終わりました。

ご冥福をお祈りします。

edith laughing
"Edith Josie"<最後の対面となった昨年の暮れ。会いにいってよかった。。。>

theme : 写真と想い
genre : 写真

雪下ろしとスライドショー

今日は朝から雪下ろし。大家さんと共に屋根に上り、せっせと雪をおろしました。

たくさん積もった雪の上に雨が降ると、40年以上前に立てられた牛舎はすぐに潰れてしまうそうです。

夜はヒッコリーのスライドショーへいきました。

北緯80度のノルウェー北極圏・スバルバード島の自然スライドショーでしたが、美しい渡り鳥や自然、ホッキョクグマや北極ギツネ、カリブーなどの写真を楽しみました。

北極圏を見ると、どこでも行きたくなってしまうから困ったものです。

これから先、どのくらいの動物や自然を見ることができるのでしょう。

まだまだいい旅が待っているはずです。

写真は北海道の様子から。ここにはここの美しさが満載です。

fox print with tree shadow
"Shodow ofthe Movement"

theme : 北海道
genre : 写真

集落の集い

雪で覆われた鶴居村。どこを見ても美しい雪景色が広がっています。

snow fence pole


今日はお昼から、集落の新年会へいきました。

酪農家さんたちが多い村ですが、この集落には本州(北海道では内地といいます。)からの移住者が比較的多いのが特徴的。

「ここが良くてきたんでしょ?昔から住んでいたら当たり前だけどなー。」

そういうここで生まれて育った人たち。

そんな彼らも、新しいよそ者の僕や外国人である妻を分け隔てなく受け入れてくれます。

こうした共同体があるのも、ここの生活の楽しみですよ。

track.jpg

theme : 北海道
genre : 写真

伝統と近代化の狭間で

写真で見る限り、昔は簡素な極北の村であったオールドクロー。犬ぞりや罠猟師の姿の写真がいくつも残っています。

オールドクローへ行くには道路がなく(行き着くには飛行機、川のボート、犬ぞりやスノーモービルぐらいしかありません。)それが幸いしてか、他のユーコンの先住民の村に比べると、人も伝統もそれほど「すれて」いないらしいです。

今もたくさん村の伝統があちこちで生き残っていますが、近代化の波と共に新しいものや価値観、文化が少しずつ入ってきました。

現に今ここで使っているインターネット、立派な近代的な学校。ケーブルテレビに、去年立てられた、自然&文化解説センター。カナダの公用語である英語とフランス語の同時表記。カリブーハンティングをしながら、原野で衛星電話を使う人もみたことがあります。

その一方で、今も続く伝統的なカリブーハンティング、罠猟、食べるためのフィッシング、動物の毛皮で作られたブーツにミトン。少数のエルダーのみが話すグイッチン語。

旅人からすると、興味のある「伝統」だけに目がいってしまいがちです。それは「寺」「歌舞伎」「侍」などにあこがれて日本にくる外国人の目と同じなのかもしれません。今回の滞在では原野よりも村で時間を過ごすことが多く、様々な行事を通して(毎日村では何かの集まりがあります。)村の伝統と近代化が入り混じった場面により接する機会がありました。

ただ昔を懐かしむだけではなく、かといって便利なものをすべて受け入れていくわけでもない選択。何を守って、何を捨てるのか。大きく、早い時間と発展の流れの中では、価値観や選択の基準をどこにおくのか。村の人たちの話や少数の白人(教師や看護師)の話を聞くにつれて、だんだんと極北の小さな村の「今の現実」が見えてきました。それと伴に、最近少し違和感を感じ始めていた「伝統」や「自然」だけを無意識に求める姿勢も変わりつつあります。

無理に「現実」を頭の美しい「観念」に当てはめるのではなく、残る時間で伝統と近代が混ざったもの、「簡単にはすっきりしないもの」も積極的に見ていきたいと思っています。

(と書いていると、朝の3時になっています。こちらは日の出が10時過ぎごろ、日の入りが4時前。。。夜がとても長いオールドクローからでした!)


<今回は手元にある、伝統的な場面の写真を並べてみました。>


caribou antler and salmons
<カリブーの角>

mocassin.jpg
<美しいビーズワークとムース皮の履物>


salmon dried
<大量に干されたチャム・サーモン>

theme : 外国の風景
genre : 写真

プロフィール

上村 知弘       (うえむら ともひろ)

Author:上村 知弘       (うえむら ともひろ)
○○○○○○○○○○○

<連絡先>
ご連絡のメールは以下です。
お問い合せ先メール

<プロフィール>

1978年生まれ、神戸育ち

高校時代より海外の文化に興味を持ち始め、大学時代にアメリカへ留学。これを機に、ヨーロッパ、インド、東南アジアなどをバックパックで周り、世界の文化、自然への興味を募らせていく。

卒業後、極地冒険家大場満朗冒険学校、動物保護団体NPOアークで働いた後、2004年カナダへ渡航。

カナダ極北ユーコン、アラスカにて、夢であった原野での旅を繰り返しながら、自然の中での生活、自然写真へのめりこんでゆく。

ユーコンにて3年暮らし、オーロラ、アウトドアガイドを努めた後、2007年帰国し丹頂の里、北海道道東鶴居村へ3年間移住。

2011年5月よりカナダ ユーコン準州へ戻る。
永住権を取得し、ユーコンでの生活を再開。

カナダ人の妻とユーコン準州ホワイトホースの森の中にて、17頭の犬とゲル(モンゴルの伝統的テント住居)暮らし中。

2012年ガイドビジネスの立ち上げ。
www.tntnaturecon.com

2014年 初写真集「Dall Sheep」の出版
www.seiseisha.net/dallsheep.html

極北の自然、犬ぞり、生活、原野の旅を楽しんでいます。

 SHEEP illustration
    Dall Sheep © t.m.

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。